忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 街ネタ
  3. 記事詳細

メッセージずしり 言葉の石オブジェ

 2020年01月01日 
詩や教訓を書いた石のオブジェと作者の小倉千恵子さん
 坂越の観光名所の旧坂越浦会所に詩や教訓などを毛筆した石のオブジェが複数並んでいる。訪れた観光客から「心がほっこりする」「元気をもらえた」などと好評だ。
 作ったのは同施設管理人の小倉千恵子さん(78)=坂越=。2001年に管理人になったころ、観光客に立ち寄ってもらおうと、「『歩』の字は「少し止まる」と書く」と空き箱に書いて玄関先に置いたのが始まり。数年後に建物前の道路整備で廃棄されることになった古い石材をもらって書き直したところ、観光客が写真に撮るようになったという。
 若いころに勤めていた時計店で、客の注文に応じて「祝結婚」などと金粉で文字を書き入れるサービスをしていたという小倉さん。そのころを思い出し、形の良い自然石を見つけては好きな詩や言葉を書いて会所の部屋の隅に置いてみた。すると、誰かが写真に撮ってインターネットで紹介したようで評判に。オブジェを目当てに訪れる人も出てきたという。
 「先祖からつながる命を今の私が生きている」「昨日を忘れ 今日を喜び 明日を楽しむ」「欲ふかき人の心と降る雪は積るにつれて道を失う」。書く言葉はさまざま。「人から教えてもろたり、テレビや本で見たり、ふと思ったこととか。『いい言葉やな』思たら、メモしといてね」。「ツバメさん いらっしゃい」は頭上から落ちてくるフンへの注意をさりげなく伝える心配りだ。
 下書きはせずに、いきなり筆で書き始める。「石の大きさや形を見てね。メモしてる中から、合いそうな言葉を選んで。私、欲張りやから裏にも別の言葉を書くん。そしたら楽しみが2つになるから」。
 石は凹凸していて書きにくくないですか、と尋ねると、「でこぼこがあるからおもしろいんよ。人生といっしょ」と笑った。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年1月1日号・第1部(2353号) 4面 (7,892,787byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

>>昨日を忘れ 今日を喜び 明日を楽しむ

私は昨年を忘れ 今年を喜び 来年も希望を持ちたい。
投稿:ホープ 2020年01月01日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 消防操法大会は1か月延期へ 団本部方針←不安な家族(04/04)
  • 「赤穂からおいしいフルーツを」若者2人が新規就農←大津地区の住民(04/04)
  • 消防操法大会は1か月延期へ 団本部方針←本音(04/04)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中