忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

利息で討ち入り武具購入!?「忠臣蔵の決算書」

 2019年12月08日 
義士はっぴを羽織って講演した山本博文氏
 公開中の映画『決算!忠臣蔵』の原作を著した山本博文氏(東京大学史料編纂所教授)が8日、加里屋中洲の赤穂市民会館で講演。原作の基となった史料「預置候金銀請払帳(あずかりおきそうろうきんぎんうけはらいちょう)」を読み解きながら、映画の見どころを語った。
 金銀請払帳は、大石内蔵助が討ち入りまでの収支をとりまとめた史料。使途が細かく記録されており、元禄赤穂事件を研究する上で重要な史料と位置付けられている。山本氏は金銀請払帳に記載された収入4件、支出113件について分析した成果を著書『「忠臣蔵」の決算書」として発表。限られた軍資金で討ち入りにこぎつける様子をコメディー風に描いた同映画の原作となった。
 山本氏は講演で、入金分約691両を現代のお金で「8292万円(1両12万円)」と換算。「瑶泉院の化粧料から300両、残りは藩財政を処分した残金だった」と解説した。討ち入りを決定した円山会議、浪士の決意を確かめた「神文返し」など時系列に沿って主な出来事にスポットを当て、それぞれにかかった費用を説明。映画製作のこぼれ話や裏話も交えて参加者の興味をひきつけた。
 また、討ち入りのための武具購入費が130万円ほどしか記帳されていないことに着目。実際には全員分を揃えるために1000万円以上を費やしたはずとし、「瑶泉院から預かったお金の利息が使われたのではないか」との見方を示した。
 会場には約340人が来場。相生市佐方の主婦、山本弘子さん(61)は「まだ映画を見ていないので、映画館に行くのが楽しみになりました」と感想を話した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年12月21日号(2352号) 3面 (9,595,076byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中