忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 赤穂の昔話
  3. 記事詳細

赤穂の昔話「おさんさん(上)」

 2019年10月12日 
 
 大津の船渡に、おさんという娘が住んでいました。おさんの両親は、おさんが生まれた年の流行病で死んだため、おさんは遠縁の者に預けられて大きくなりました。
 十八のときに、おさんは近所の男のもとに嫁ぎました。男は、年老いた母親と二人暮らしで、貧乏でしたが、村一番の孝行息子といわれるくらい母親思いの人でした。おさんは亭主の母親の面倒をよくみて、朝から晩まで働き、貧しいながらも三人仲よく暮らしていました。
 このころ、浅野の殿様が赤穂を治めていました。殿様は塩屋の石ヶ崎に堤防を築いて新しい田畑を開拓する計画を立てました。そして、塩屋と大津の村人に、堤防の工事に出るよう命令しました。おさんの亭主も村人と一緒に命令に従って働きました。
 でも、何年たっても工事は完成しません。水門のところが、何回つくっても壊れてしまうのです。しびれをきらした殿様は、今年のうちに水門の工事を完成させるよう厳しく命じました。
 村人たちは庄屋の家に集まって相談しました。名案は出てきません。3日目の会合で、それまで黙っていた組頭が重い口を開きました。
 「………人柱しかないか………」(つづく)=切り絵・村杉創夢
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年10月12日号(2343号) 2面 (6,750,618byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中