忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. スポーツ子供
  3. 記事詳細

ラグビーW杯で孫が選手先導

 2019年10月08日 
ラグビーワールドカップでマスコットキッズを務めた武本実樹君=修一さん提供
 ラグビーワールドカップ日本大会のアイルランドーロシア戦(3日、神戸市御崎公園球技場)で、南宮町の武本冨重さん(78)・敬子さん(77)の孫の小学6年、実樹(みつき)君(12)=神戸市垂水区=が選手をフィールドまで先導するマスコットキッズとして入場した。
 マスコットキッズは7〜13歳対象の公募制。小2から少年ラグビーチームでプレーする実樹君はロシアのマスコットキッズに選ばれた。
 当日は父の修一さん(50)と練習したロシア語で「ズドラーストヴィチェ(こんにちは)」と選手にあいさつ。ロシアチームの主将と手をつないで入場し、国歌を大きな声で歌った。冨重さんは現地観戦はできなかったが、修一さんから送られた写真を目にし、「いきいきとした良い顔」と孫の姿に目を細めた。
 「選手のみなさんは、とても大きな声で国歌を歌っていて、試合への一生懸命さが伝わってきた」と実樹君。「自分も日本代表になってグラウンドに立てるようになりたい」と意気込みを話した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年10月12日号(2343号) 4面 (6,750,618byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

中学の同級生の息子が、マスコットキッズになってたなんて、ビックリや?
修一君も、嬉しかったでしょう
投稿:野球親父 2019年10月17日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中