忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 商業・経済
  3. 記事詳細

給食センター監修「鶏肉のレモン漬け」たれ新発売

 2019年10月05日 
学校給食センター監修で新発売された「鶏肉のレモン漬けのたれ」
 赤穂市発祥の学校給食メニューで子どもたちに大人気の「鶏肉のレモン漬け」を家庭で手軽に再現できる調味だれを製塩化学品メーカー「赤穂化成」が開発。「伝説の人気レシピ 学校給食シリーズ」の第1弾として1日から新発売された。
 鶏肉のレモン漬けは、片栗粉をまぶして油で揚げた一口大の鶏肉に濃口しょうゆと三温糖、レモン果汁のたれを絡めたおかず。1981年12月に「かしわのレモン漬け」の名称で給食メニューに取り入れられた。甘酸っぱい風味としょうゆの香りが食欲をそそる。「返却された食缶に鶏皮一つ残らない」ほど好評で、月に一度は献立に入れる定番メニュー。隣の上郡町をはじめ小野市、新温泉町の学校給食にも採用されている。
 センターは2004年に市のホームページでレシピを公開。しかし、大鍋で大量に調理する給食と同じ味を家庭で出すのは難しく、「分量を守って作っても同じ味にならない」という声が多かったという。同社は昨年5月からセンターの監修の下、たれの試作を繰り返し、ついにセンター職員でも「給食と食べ比べても、味の違いが分からない」というほどの再現に成功した。
 今春退職するまで40年間センターに勤務し、鶏肉のレモン漬けの「生みの親」でもある元栄養教諭の梅本晃子(てるこ)さん(60)=目坂=も新発売のたれを味見し、「鶏肉に合わせたら同じ味になると思う」と太鼓判。「給食に関心を持ってくれる人が増えたらうれしい」と話した。
 市内の小学4〜6年生を対象に今春実施された給食アンケートでは「鶏肉のレモン漬け」は圧倒的な一番人気に推された。同社は「赤穂市民のソウルフードとも言えるおいしさを全国に広めたい」と意気込んでいる。
 1袋200円(75グラム入り、税別)。市内では「主婦の店」で購入できる。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年10月5日号(2342号) 1面 (7,984,206byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

レモン漬け 白御飯に合うんですよ。これが。揚げパンに並んで楽しみでした。

あまり他では見ないなと思いつつ全国区だと思っていたのですが、赤穂の方の創作だったのですか。

「赤穂市民のソウルフード」まさにその通り!明日はレモン漬け...
投稿:!emon 2019年10月05日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中