忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会事件・事故
  3. 記事詳細

《西有年産廃》3団体が事業者を告発 森林法違反容疑など

 2019年09月18日 
 西有年の山林で管理型産業廃棄物最終処分場の建設計画を進めようとしている事業者が、法律で義務付けられている届出をせずに建設予定地内の樹木を伐採した問題で、「上郡産廃問題対策協議会」(塚本義勝会長)など3団体が18日、森林法違反などの疑いで赤穂署に告発状をそれぞれ提出。同署が受理した。
 同計画をめぐっては、事業者の東洋開発工業所(大阪府豊能町)が今年2月以降、予定地一帯に機材運搬用モノレールを設置。同法が義務付けている地元市町村への事前届出をせずに立木を伐採し、作業を中止するよう赤穂市から指導を受けた。
 同協議会は告発状で、現場の写真を「違法伐採」の証拠として添付。また、「モノレールが里道の上にある」として市法定外公共物管理条例違反の疑いや、事業者が県へ提出した事前協議書の「虚偽記載」の疑いも指摘した。「厳重な捜査と処罰を求める」とし、東洋開発工業所の西脇勝社長を告発した。
 同日、「赤穂の環境を守る会」(川西康行・代表世話人)と「播磨自然高原地区連合自治会」(岡庭晋司会長)もほぼ同趣旨の告発状を提出。両団体は「事実上の事業者」として、大手産廃処分会社「大栄環境」の金子文雄社長も被告発人に加えた。
 ▽東洋開発工業所の談話=「受理の段階なので特にコメントはないが、警察から連絡があれば対処したい」
 ▽大栄環境の談話=「告発文書を見ておらず、コメントは差し控えたい」
<前の記事


関連サイト:
【関連記事】無届けで樹木伐採 市が中止指導


掲載紙面(PDF):
2019年9月21日号(2340号) 1面 (7,942,012byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中