忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 政治
  3. 記事詳細

市政特別アドバイザーに赤穂出身の三浦麻子教授

 2019年08月01日 
牟礼正稔市長(左)から赤穂市の市政特別アドバイザーに委嘱された三浦麻子教授
 赤穂市は1日、政策推進へ専門的立場から助言や提言を行う市政特別アドバイザーの第1号を赤穂出身の社会心理学者、三浦麻子氏(49)=大阪大学大学院人間科学研究科教授、茨木市=に委嘱した。
 三浦氏は赤穂小から賢明女子中・高を経て大阪大学と大学院で行動学を専攻。関西学院大学社会心理学研究センターでセンター長などを務め、今年4月、母校の教授に就任した。4年前からは高校卒業まで暮らした赤穂をフィールドに市長選における有権者の心理動向を調査研究。今後もデータ収集を継続するという。
 市政特別アドバイザーは市が新たに設けた役職。牟礼市長と大学の同窓である縁もあり、三浦氏に白羽の矢を立てた。原則として無報酬で、今後は必要に応じて助言や提言を行う。
 「まずは市民アンケートの結果を総合計画に反映するための分析をお願いしたい」と牟礼正稔市長。三浦氏は「これまでの研究成果や知識で赤穂に恩返しできるよう力を尽くしたい」と抱負を語った。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年8月3日号(2335号) 1面 (10,993,275byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 政治 ]

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 議員定数協議「現状維持」が大半←自治会員(01/26)
  • 【社説】赤穂市議会の「真摯」に注目する←改革派(01/25)
  • 議員定数協議「現状維持」が大半←一自治会員(01/25)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中