忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

総合計画策定へ全世帯対象アンケート

 2019年07月08日 
 赤穂市は、2021年から10年間の基本的なまちづくり指針となる「2030赤穂市総合計画」を検討する上での基礎資料とするため、全世帯対象の市民アンケート調査を実施する。
 アンケートは無記名方式で赤穂市の魅力、今後特に注力すべき事業を問うほか、まちづくりの分野別項目について満足度と重要度を5段階評価で尋ねるなどの20問。赤穂市のまちづくりについて自由に意見を記載できる欄も設けている。
 調査票は「広報あこう」7月号にはさんで各世帯に配布するほか、各地区公民館と市役所でも受け取れる。添付の返信用封筒(切手不要)で7月末までに郵送すればよい。
 前回の計画策定時に実施した全世帯市民アンケートは自治会のネットワークを経由して配布と回収を行い、回収率は82・7%だった。市は「できるだけ多くの回答が得られるように協力をお願いしたい」と話している。問合せは市企画広報課Tel43・6867。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年7月6日号(2331号) 1面 (10,906,640byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]

コメント

一週間ほどの旅行から帰って、昨日目を通して記入しました。アンケート調査は良いのですが、人口減少は100或いは200年のトレンドなのに、多い方、少ない方、今のままが良いのですか?聞かれても困る、種々政策の重要性、満足度などもっと困る。前例?丸投げ?市民レベル、目線でお願いします。回答者も独居老人が多い?と思われるので偏りがあるのではないでしょうか?もっと検討の余地がある様に思います。以上
投稿:TenYou 2019年07月28日
市が市民意識を知りたいというのでであれば、「市の施策としてこんなものを考えているが、どうですか」というものでなければ大した意味がないと思います。総花的に市民の意見を尋ねて、今後の参考にさせていただきますというアンケートは、行政官の市政刷新への情熱やる気のなさ露呈しているように感じます。
投稿:施策の方向性が明確でないアンケート 2019年07月29日
総合計画を検討する上での基礎資料とのことですが、そもそも総合計画って必要なんでしょうか。どこまで市政に役立ってるのか疑問です。今の計画が2011年から2020年までなんだとすれば、今の計画がどこまで実現できたのか、どのように市政に役立ったのか、教えてほしいです。すでに記事になってたらごめんなさい。
投稿:政治の素人 2019年07月29日
「総合計画」の多くは次の3層構造です。
・基本構想 (約10年)←今回アンケート
・基本計画 (約5年)
・実施計画 (約3年)
(3層以外に、1層、2層、それ以外の自治体もあります)

この内の「基本構想」が以前までは地方自治法で義務づけられていました。しかし、2011年の改正により義務ではなくなりましたが、依然として9割を超える自治体で策定されているようです。

さて赤穂はというと、3層構造の「総合計画」を採用しています。今回のアンケートはその「基本構想」の参考にされますが、あくまでも「参考程度」でしょう。強く関与したい人は、以降のワークショップへの参加やパブリックコメントだと思います。

とは言え「総合計画」に限らず、私たちが普段身近にできるのは、この赤穂民報さんのコメント欄などを使用して、市の政策について注視・提案・要望・議論・発信していくことでしょう。(アンケートは頻繁にできない&多数に埋もれるし、ワークショップやパブリックコメントは敷居が高いですからね。一番は、市がHPに政策をリスト化して、それに自由にコメントできるようにしてくれるといんですけどね…)
また逆に、市長・議員・職員はそこにアンテナを張って欲しい。
投稿:素人調べ 2019年07月30日
「総合計画」は見ると分かりますが、市役所の各部課の「現状と抱負」のまとめのようなものです。現実的な計画もあれば、希望的観測的なもの、計画だけ立てて振り返れば未達のものもあります。市長・議員・職員・市民・事業者の赤穂市全体に「同じ方向」を向いてもらうという意味では、一応意味のあるものだとは思います。

もうひとつ問題は、赤穂市の計画について、「総合計画」「総合戦略」「人口ビジョン」の3つ?の計画が乱立していることです。もちろん計画同士の連動はされているのでしょうが、重複部分が有り、無駄だと思う。国からの交付金や規定等で難しいのかもしれないが、個別の計画を何本も作るのではなく、一本化して、シンプルで分かりやすい計画を提示してほしい。

いずれにせよ、少子化・高齢化・人口減少が分かっていても十分な対応をできていないのが現状。それで、ここ最近でも「中学校の部活」「病院の産婦人科」「観光」など軋みが出てきています。私たち市民はこのアンケートにとどまらず、また、役所はアンケートをとって計画作ったからと満足せず、少子化・高齢化・人口減少にどう対応するのか?

(赤穂市の「総合計画」について詳しくは、赤穂市HP右上の「サイト内検索」に「総合計画」で検索できます。)

ちなみに「総合計画」と「総合戦略」の策定に、アンケートやワークショップ、会議、調査、分析などが2019年度と2020年度に行われます。費用は委託分だけで最大3千4百万円のようです(『赤穂市総合計画等策定支援業務委託に係る公募型プロポーザル実施要領』)。
投稿:素人調べ 2019年07月30日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 市議会で19日と20日に一般質問←ダヴァンの父(09/16)
  • 入札情報の見返りに現金 容疑の市係長と土木会社社長逮捕←方向がおかしい(09/16)
  • 市政特別アドバイザー2人目は学生起業家←赤穂藩(09/16)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中