忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

大避神社で「祓うちわ」製作始まる

 2019年06月20日 
一本一本気持ちを込めて揮毫される「祓うちわ」
 坂越の大避神社で6月30日の輪越祭へ向け、家内安全を願う「祓うちわ」の製作が始まった。魔除けの意味があるという赤いうちわに生浪島堯宮司(75)が「祓」の文字を一つ一つ墨書。当日までに大小500本を書き上げる。
 同神社では毎年6月30日に残り半年の無病息災を祈願する大祓式を行い、約40年前から参拝客に祓うちわを頒布している。
 「祓」の一文字を書いた竹うちわ(幅23センチ)は1本400円。「大祓」と書した大判うちわ(幅28センチ)は1本1400円。生浪島宮司は「災害のない穏やかな令和元年になるように」と願いながら筆を運んでいるといい、「うちわの風で身を清め、すがすがしく夏を過ごして」と話している。
 送料別で郵送も可。予約も受け付けている。Tel48・8136。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年6月22日号(2329号) 4面 (13,823,485byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 坂越地区 ]  [ 社会 ]

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中