忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

9割が「中流」回答〜社会意識アンケート

 2019年05月18日 
 関西学院大学社会心理学研究センターが赤穂市民を対象に今年3月に実施した社会意識アンケート調査で、自身の経済階層を「中流」と認識している人の割合が9割に上った。生活満足度を尋ねた質問では「満足」を感じている人が半数に達した。
 調査は、市民の政治意識と市や市政への関心、地域との関わり方などとの関連を研究することを目的に、赤穂出身の三浦麻子教授(現大阪大学大学院人間科学研究科教授)が企画した。有権者名簿から投票区ごとに抽出した18歳〜74歳の2723人にアンケート用紙を送付し、45%にあたる1229人から回答を得た。
 「仮に赤穂市全体を経済状況で5つの層に分けるとすれば、あなた自身のご家庭はどれに入ると思いますか」の問いで、最も多かったのが「中の中」で50・1%。「中の下」(26・3%)と「中の上」(14・3%)を加えると、90・7%となり、9割以上に中流意識があることがわかった。「下」は8・3%、「上」は1・1%だった。
 自身の生活満足度を「とても満足」(10点)から「とても不満」(0点)までの11段階で尋ねた質問では、全体のほぼ4分の1にあたる25・8%が「中間」(5点)と回答。6〜10点と答えた人の合計が50・1%で、0〜4点は24・2%だった。
 経済階層については2015年に同じく赤穂市民を対象に実施した調査でも「中流」が89・9%だった。三浦教授によると、「日本人が自身の経済階層を『上』『下』と答えるケースはごく稀」という。今後も同様のアンケート調査を年1回のペースで実施する予定で、「継続的な調査によって赤穂市の全体的変化を捉えることができる。回答者のみなさんには今後も協力していただければありがたい」と話している。
 集計結果は同センターのホームページ(https://bit.ly/2ZYBRxR)で公開されている。
<前の記事


関連サイト:
■関西学院大学社会心理学研究センターのウェブサイト


掲載紙面(PDF):
2019年5月18日号(2325号) 1面 (5,882,531byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]

コメント

調査実施者の三浦@大阪大学です.

調査にご協力下さった皆様,本当にどうもありがとうございました.貴重なご回答は今後さらに詳細な分析を進めて学会発表・学術論文として公表するほか,可能であれば,市民の皆様の生活の質をさらに高めるためのアイディアとして還元できればと考えております.集計結果をご覧になってご質問・コメント等ございましたら,いつでもお寄せくださいませ.
投稿:三浦麻子 2019年05月18日
赤穂市民数の1割弱にアンケートした結果は全市民の意見でしょうか?
投稿:仮 2019年05月29日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中