忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

《高野産廃》許可品目以外の木くずが混入

 2019年05月10日 
 高野地区の安定型産業廃棄物最終処分場で、埋立処分された廃棄物の中に許可品目ではない木くずが混入していたことがわかった。
 混入は先月22日に赤穂市議会が処分場を現地視察した際、小林篤二議員が発見。小林氏によると、埋立ピットの中にプラスチックのような素材に付着した木くずが1点あり、同氏の指摘を受けた事業者がピットから取り除いたという。
 事業者によると、混入していたのは厚さ約3ミリのプラスチック板に付着した厚さ約1ミリのベニヤ板(長さ約30センチ、幅約5センチ)だったという。
 当日は市当局も処分場に立ち入っており、混入の事実は「その場で事業者から市職員へ報告があった」(環境課)が「現物は見ていない」という。
 同課は「展開検査を徹底するように事業者に申し伝えた。監督官庁の兵庫県にも指導を徹底するよう求めた」とし、混入の原因や経緯については「事業者に確認したい」と話している。
 安定型処分場は、性質が化学的に安定しているとされる▽廃プラスチック類▽金属くず▽ガラス陶磁器くず▽ゴムくず▽がれき類−の5品目のみ処分が認められ、それ以外の廃棄物が混入しないよう、埋立処分前の目視確認を義務付けている。しかし、許可品目以外の廃棄物の混入による化学反応で有毒ガスが発生した事例が各地であり、日本弁護士連合会は安定型処分場の新規建設を許可しないよう求める意見書を2007年に発表している。
 * * *
【おわびと訂正】
 記事の中で、混入していた木くずの大きさ、形状についての表記に不確かな点があり、記事の一部を訂正しました。事実確認が不十分だった面があり、事業者と関係者のみなさまにおわびします。今後はより確実な事実確認を心がけます。赤穂民報社
<前の記事
[ 坂越地区 ]  [ 社会 ]

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「突然鹿が…」ドライブレコーダーに衝突の瞬間←エクリン(05/24)
  • 「突然鹿が…」ドライブレコーダーに衝突の瞬間←板金60万コース(05/24)
  • 「突然鹿が…」ドライブレコーダーに衝突の瞬間←ほんとに(05/24)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中