忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 街ネタ
  3. 記事詳細

古民家工房で手織りワークショップ

 2019年03月23日 
卓上機でミニ織物を作る「手織りワークショップ」
 御崎の赤穂緞通工房「毯なか」が、卓上機で手のひらサイズのミニ織物を作る「手織りワークショップ」を予約制で行っている。今年1月に始めたところ、SNSや口コミで広まり、市外からも観光客が訪れている。
 同工房は赤穂市立田淵記念館から南へ徒歩2分ほどのところにある。市教委の赤穂緞通織方技法講習会を修了した花房八千代さん=加里屋=が築約70年の古民家を改修して昨年11月に開設した。
 ワークショップは「織物の楽しさを感じてもらえる機会になれば」と始めた。初心者にも扱いやすい簡易な織機を使い、赤穂緞通作家の原田明子さん=たつの市=の手ほどきで8センチ角の織物を織る。
 柄は3種類、使用する糸は20色以上ある中から好きな色を選んで組み合わせる。たて糸に挟せ糸をはせた結び目を積み重ね、挟せ糸の長さを握り鋏で摘み揃えるといった工程は赤穂緞通と同じ。所要時間はアフターティを含めて3時間で、時間に余裕があれば文様の輪郭に沿って糸を摘んで柄を際立たせる「筋摘み」も教わることができる。
 実際に体験した人からは「一段ずつ柄が出来上がっていくのが楽しい」などと好評で、「リピーター向けに、もう少し大きなサイズとか難度の高い柄も用意できれば」と原田さん。また、より緻密な工程を要する赤穂緞通について「ものすごい手間をかけて織られていることがわかりました」といった声もあるという。同工房は「ワークショップを通して赤穂緞通への興味や関心をもってもらえることにもつながれば」と話している。
 市内の観光業関係者は「3時間なら日帰り客でも体験できる。赤穂には体験型の観光スポットが少ないのがネックなので、こうした取り組みを含めた周遊や宿泊プランを発信することで観光活性化につなげていくべきでは」と話した。
 参加費(アフターティ付き)は2人以上で1人2000円から。ガラス額または流木フレームの仕上げはプラス500円。予約、問い合わせはTel25・4003。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年3月23日号(2318号) 1面 (9,504,731byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 《城南橋贈収賄事件》「市政の信頼回復に全力で」市長訓示←厳罰(09/18)
  • 《城南橋贈収賄事件》「市政の信頼回復に全力で」市長訓示←どうせ削除されるでしょうが…(09/18)
  • 《城南橋贈収賄事件》「市政の信頼回復に全力で」市長訓示←頑張れ赤穂市役所(09/18)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中