忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会イベント
  3. 記事詳細

「世界ダウン症の日」に啓発イベント

 2019年03月12日 
ライトアップを試験点灯してイベントの成功を誓った実行委員会関係者のみなさん
 「世界ダウン症の日」に合わせて3月21日(木・祝)、ダウン症児の保護者とその応援団からなる実行委員会が啓発イベント「Smile21あこう」を開催する。
 ダウン症の子どもたちのダンスステージや有志によるライブ、フリーマーケットなどのほか、啓発カラーとして赤と青で赤穂城隅やぐらをライトアップ。実行委は「一人でも多くの方に関心を持ってもらえる機会にしたい」と話している。
 ダウン症は21番目の染色体が一本多いことによるもので、性別や人種、経済状況などにかかわらず、約800人から1000人に1人の割合で起こる。発達がゆっくりだったり、軽度の知的障害がみられたりするが、近年は医療や療育が進んでいる。名称は最初に症例報告したイギリス人医師の名前からついた。
 実行委員会は今年1月に立ち上がり、「ダウン症という障がいを持っていても赤穂で輝いて生きていく」をテーマに企画を進めた。ダウン症の長女(4)を育てる実行委員長の川畠ルミさん(41)=元禄橋町=は「今回のイベントが開けるのは、いろんな人に背中を押してもらったおかげです。息の長い活動の一歩にしたい」と話している。
 「世界ダウン症の日」は国際ダウン症連合の提唱を受け、2012年に国連が制定。「21番目の染色体が3本ある」という点にちなみ、毎年3月21日に世界中でイベントや行事が行われている。公益財団法人日本ダウン症協会は「ダウン症をテーマにしたライトアップは、おそらく日本で初めて。イベントの成功を期待している」としている。
 花岳寺通商店街の加里屋まちづくり会館で午後3時から写真展とフリーマーケット。4時からライブ、5時半からダンスステージ。隅やぐらのライトアップは6時〜9時。Tel080・2531・5612(川畠さん)。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年3月16日号(2317号) 1面 (11,079,937byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 期末・勤勉手当 総額7億超←赤穂人(12/12)
  • 期末・勤勉手当 総額7億超←中小の浪士(12/12)
  • 期末・勤勉手当 総額7億超←中小の浪士(12/11)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中