忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 街ネタ
  3. 記事詳細

工事で撤去予定の桜残したい

 2019年02月23日 
市道拡幅整備に伴う伐採を前に挿し木が計画されているソメイヨシノ
 尾崎の市道拡幅整備に伴って除去される桜を挿し木にして残そうと、地元まちづくりグループ「尾崎のまちを考える会」(目木敏明会長)が計画を立てている。
 挿し木苗を育てて別の公園や公共施設に移植するプランで、同会は「地元住民にとって愛着のある桜を後生に残したい」と話している。
 赤穂八幡宮の向かいにある宮前児童遊園。公園が整備された昭和57年前後に植樹されたとみられる高さ8メートルほどのソメイヨシノが3本植わっている。市によると、市道赤穂大橋線の拡幅で公園の一部が車道や歩道になることから3本のうち道路寄りの2本を伐採せざるを得ず、「今年夏ごろに除去する予定」だという。
 近所で生まれ育った同会理事の小國信一さん(51)は子どもの頃から見慣れた桜が取り除かれることを知り、「移植できないものか」と同級生で造園業を営む頭巾喜和さん(51)に相談した。頭巾さんは「すでに樹齢を重ねているので移植は難しいけれど、挿し木にして増やすことはできる」と提案。目木会長も賛同し、尾崎地区まちづくり連絡協議会のバックアップも得られる見通しになった。
 挿し木は増やしたい植物の若い枝を切り取り、土に挿して増やす方法。うまくいけば、親木と同じ性質を持った、いわゆる「クローン」を育てることができる。
 来月上旬にも頭巾さんが挿し木に適した枝を採取し、ポット鉢で育苗を始める。順調に育てば秋に植木鉢に植え替え、さらに2〜3年後に人の背丈ほどまで成長した段階で地面に移植できるという。
 「伐採されてしまうと聞いて悲しい気持ちになっていましたが、未来につながる可能性に希望が持てました」と小國さん。頭巾さんは「自分にとっても愛着のある桜なので、うまくいくようにしっかり作業したい」と意気込んでいる。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年2月23日号(2315号) 1面 (7,110,968byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

ほっこりした優しいニュースですね。赤穂人の心は、常にこうありたいもの…と思います。
ちなみに桜の移植地のリクエストなのですが、千種川沿い尾崎側道路、ちょうど旧大橋と
新赤穂大橋間の土手上面を希望。あの道路は、交通量も少ないので桜が大きく育っても
交通に問題は無いと思われます。また帯状にズラーっと並べば見栄えがしますし、土手
下の広場で御花見も出来ると思います。あと沢山、桜が作れるならば、御崎や他の市内
にも沢山移植して頂きたいと思います。関係者の方々には、頑張って頂きたいです。
そして感謝なのであります。
投稿:ヒロリン♂ 2019年02月23日
お二人の同級生です
私は今関東圏に住んでおり…赤穂市に、尾崎になにもできませんが、この記事を読んでお二人の価値ある行動に誇りを感じました
昔から優しいお二人でしたが今後とも活躍されることを祈っております
また…赤穂に恩返しができることも探してみようと思いました
投稿:でーしょん関東支部 2019年02月25日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 次期総合計画へ提言書「人口減カーブをいかに緩めるか」←市民市民(03/21)
  • 次期総合計画へ提言書「人口減カーブをいかに緩めるか」←市民さん(03/20)
  • 次期総合計画へ提言書「人口減カーブをいかに緩めるか」←市民(03/20)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中