忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 事件・事故
  3. 記事詳細

客引き上司殺人 主犯の男に懲役18年求刑

 2019年02月18日 
 知人男性を殺害して赤穂市鷏和の山林に埋めたとして、殺人と死体遺棄の罪に問われた赤穂市出身の元飲食店経営のA男(23)ら被告2人に対する裁判員裁判は18日、神戸地裁で論告求刑公判を行った。
 検察側はA被告に対し、「犯行で主導的な役割を果たしており、極めて責任は重い」などとして、懲役18年を求刑。もう一人の元飲食店員のB男(22)に対しては「従属的な立場」だったとしつつも共謀共同正犯が成り立つとして懲役14年を求めた。
 起訴状によると、2人は共謀の上、昨年1月27日未明、神戸市西区の路上に停車した乗用車内で、同市西区の自営業男性(当時33)の首を包丁で切りつけるなどして殺害。同日に赤穂市内の山林に穴を掘って遺体を埋めたとされる。
 論告求刑で検察側は、神戸・三宮界隈の客引きグループに所属していた両被告が、グループのリーダーだった被害男性の言動への不満から、男性を排除する目的で殺害したと指摘。A被告について、「犯行に計画性があり、動機は身勝手で酌量の余地はない」とした。B被告については、「物理的のみならず、精神的にもなくてはならない関係にあった」とした。
 一方、A被告の代理人弁護士は、「被害男性からの度重なる叱責や暴力で追い詰められ、正常な精神状態ではなかった」「犯行は場当たり的で計画性が高かったとは言えない」などとして「懲役10年が適当」と主張。また、B被告の代理人弁護士は「殺害の実行に対して補助的な役割しか果たしていない。ほう助犯が成立するにとどまる」などとして「懲役4年を科すことが適切」と主張した。
 A被告はグレーのスーツに青いネクタイで出廷。小倉哲浩裁判長から「最後に何か述べておきたいことがありますか」と問われると、「自分がしてしまったことは取り返しのつかないこと。償いと、人を殺してしまうことが本当に恐いことなんだと考えていきたい。ほんまにすみませんでした」と話した。B被告は「謝って済まされないとしても、今は謝ることしかできない。ほんまに申し訳ございませんでした」と語った。
 判決は2月20日に言い渡される。
<前の記事


関連サイト:
【関連記事】大上被告 殺人・死体遺棄の起訴内容認める
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中