忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 読者の声
  3. 記事詳細

【読者の声】「廃部」通知の部活動 存続できない?

 2019年02月16日 
 赤穂中学校が部活動の柔道部について、2019年度を最後に部員の募集を停止し、22年度に廃部にすると聞きました。
 柔道部以外にも3クラブを廃部にするそうです。私は柔道競技の普及に関わってきましたので、柔道部を子どもたちのために存続してほしいと学校に訴えましたが、聞き入れてもらえませんでした。何とかならないでしょうか。(柔道関係者)
   * * *
 同校の部活動削減は今月6日付けの「学校だより」で生徒や保護者に知らされた。現在13部ある部活動のうち、▽女子バレーボール▽柔道▽水泳▽生活文化の4部について2020年度からは部員の募集を停止。それまでに入部した生徒が引退する21年度〜22年度に廃部するというスケジュールが示された。
 廃部の理由について平井正彦校長は、「少子化による学級数減に伴って教員の数が減り、現在の部活動数を維持するのに必要な担当顧問を確保できないため」としている。
 同校は今月6日に臨時生徒集会で全校生徒に説明。また、廃部対象となった部に指導補助員を紹介していた競技団体やボランティアで指導していたコーチにも事情を説明したとしているが、存続を求める署名運動を準備している競技団体関係者もある。
   * * *
赤穂民報より
 市内中学校における部活動の削減は数年前から顕著になっています。その背景を取材すると、部活動の意義やあり方、さらには教員の労働環境や学校のあり方など、さまざまな課題や問題点が見えてきます。取材を進めて随時報じていきたいと考えています。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年2月16日号(2314号) 3面 (12,136,727byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

寂しいお話ですね。数年前に、コーラス部 ・女子バスケット部・男子卓球部が廃部されたとの事。「部活動の在り方と学校の役割」をセットで考え直す時期が来たとの説明ですが、誰でも経済状況に関係なく部活が出来たこと等の部活がこれまでに果たして来た福祉的教育な機能はどうなる?新市長 給食費用無料プラス教職員を増やして下さいませ。
投稿:ナイスかなぁ忠臣蔵 2019年02月20日
柔道部については廃部撤回を求める署名活動がさかんに行われているようです。
職場でも子どもの習い事の場でも目にするほど活発で、やはり反対の声を多く聞きます。

校長の言い分としては、今の5・6年生を対象にリサーチをして決めている、指導者なる教職員がいないので責任をとれるものがいないとのことのようですが、内情を知る父兄の話では、4年生以下で柔道をしている子どもは5・6年生より数多くおり、何より現中学生の部員女子は中学から始めた生徒が4人もいるとか。
また、今の柔道部の先生は確かに経験のない方のようですが、自主的に段審査にも行き、指導に意欲的とのこと。経験者やOBの中にはサポートしてあげたいと考えておられる方も多くいらしゃっるのに校長の一存で部外者は許さないとのこと。

他の部活でも経験なしで教えていらしゃる教職員はいるのですから、指導力のある外部のサポートを受け入れている時には必ず教職員もいることを条件にするなどして柔軟に対応できないものでしょうか。
投稿:関係なくても気になる一市民 2019年03月03日
廃部について。廃部は残念ですが、教員の数が足らず廃部を決めたと聞いていますよ。これから子供の数が減るので仕方ないのではないかと考えています。高校もクラス数が減り部活が廃部になっていますよ。
投稿:そもそも 2019年03月06日
高校年代のサッカーに高体連とクラブユースチームそれぞれの全国大会があるように、学校外のクラブ活動が盛んになればいいんじゃない。
何年か前にいた体操競技で全国トップクラスの中学生も市内の中学校じゃなくて体操クラブが活動拠点だったでしよ。
マンモスに通ってた親世代の経験は、これからの人口減の時代には適合しないことも出てくると思います。
投稿:赤 2019年03月06日
この問題、今日の神戸新聞に取り上げられたようで、この赤穂中の決定が全国的に論争を呼ぶ広がりを見せ始めてます。
特に、ネット上では学校長擁護派と生徒父兄派に別れて真っ二つの様相。しっかりとした、お互い納得のいく話し合いが不足してるのではと懸念します。
投稿:えらい事になってますょ! 2019年03月09日
部活動が減ってしまうと選択肢が無くなり、子どもは可哀想ですよね。でも、坂越中なんか、部活動の数すごく少ないんですよ。
少年団があるのに、部活がないと、子どものヤル気も無くなるのかな?とも思います。
柔道に関しては、怪我だけで済まないこともあり、寝たきりになるような大怪我の危険性もあるスポーツなので、やはり外部コーチにどこまでの責任を問えるのか?とか、顧問がいてももちろん同じことが言えますが、その辺りが難しいのかもしれません。
何もない時はいいけど、もし、万が一何かあった時、指導者がそこにいなかった、見ていなかったとまた問題になります。
もちろん、柔道部として存続して欲しい気持ちもありますが、難しい問題なのかな?と。
正解のない問題のように思います。
息子の入部している部活動でも、あまり顧問の先生は現場に来られないみたいです。ほったらかしですよ。
大怪我するようなスポーツではないので、心配はしていませんが、現場の先生も手が足りていないのも事実なんだと思います。
投稿:難しい問題 2019年03月11日
柔道などの危険な競技は、顧問の先生がついとかないと保護者としては心配でしょう。疑問なのは、なぜ部活動であることにこだわるのかということです。
中体連関係の大会の時は引率教師がついてくれるらしいし、教師の数が減っていることも事実。教師の負担と子どもたちの危険を強いてまで部活動であることにこだわる理由がわからない。昨今話題になっている通り、部活動は教師のボランティアだ。
なんだったら、柔道協会が社会体育ででもなんでもやればいいじゃないか。夜、仕事が終わった後に。土日、休みもせずに。教師や学校などに任せるのではなく、自分たちの時間を削って子どもたちに柔道をする機会を与えてあげればいい。学校や教師など他人の負担の上に成り立つ活動にどれほどの価値があるというのか…。その負担を自分に置き換えてみるといい。
投稿:なぜ部活動にこだわる? 2019年03月11日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中