忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史イベント子供
  3. 記事詳細

児童合唱団 13年ぶり「白雪姫」

 2019年02月13日 
定期演奏会でオペレッタ「白雪姫」を上演する赤穂市児童合唱団のみなさん
 赤穂市児童合唱団(元岡明団長)が年一度開催する定期演奏会が2月17日(日)、中広の赤穂市文化会館ハーモニーホールである。オリジナルオペレッタ「白雪姫」をはじめ練習してきた成果を発表する。
 同合唱団は音楽活動を通した青少年育成を目的に昭和50年創立。今年度は小3から高3まで18人が活動している。
 定期演奏会は創立翌年から毎年開かれ43回目。恒例となっている団歌でオープニングし、オリジナル曲を含めて20曲以上を合唱する。塩屋小コーラス部が賛助出演するほかOB、保護者が歌うプログラムも。
 メーンのオペレッタの演目は第30回以来13年ぶりとなる「白雪姫」。白雪姫役の松本彩さん(18)は「純粋さを演技や歌で表したい」と話し、王子や妖精など三役を演じる森山小夏さん(18)は「7人のこびとのかわいらしさや王妃の迫力ある演技など見どころいっぱいなので、ぜひ見に来てください」と来場を呼び掛けた。
 指揮と演出を担当する安部智子副団長は「少人数ですが、一人一人が輝くステージになれば」と話している。
 小ホールで午後2時開演。無料。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年2月16日号(2314号) 4面 (12,136,727byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 義士石碑磨いた13年間の奉仕にピリオド←市民のひとり(02/12)
  • 義士石碑磨いた13年間の奉仕にピリオド←一市民(02/11)
  • 義士石碑磨いた13年間の奉仕にピリオド←nnn(02/11)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中