忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 政治
  3. 記事詳細

《市長選2019》有権者の期待は「高齢者」「医療」「子育て」

 2019年01月23日 
赤穂民報社の出口調査結果と実際の開票結果
 再選を目指した現職を再挑戦の新人が破った赤穂市長選。赤穂民報が実施した投票者アンケート(出口調査)の集計結果をまとめた。
 調査は、期日前投票は16日から19日まで市役所をはじめ4カ所、20日の投票日は8カ所で行い、合計1430人から回答を得た。
■性別・年代別
 性別では男女とも牟礼氏が過半数。年代別でも牟礼氏が70代以上(58%)をはじめほとんどの世代で上回った。明石氏は40代のみリード。
■支持政党別
 牟礼氏は全体の3分の1を占めた「支持政党なし」の層から6割近い票を獲得。共産、その他からの支持が7割を超えた。明石氏は自民、公明で過半数の支持を得たものの、立憲で3割未満にとどまるなど、推薦政党の支持層をまとめきれなかった。
■投票で最も重視したもの別
 「投票の際に最も重視したのは?」の問いで(1)公約や政治理念(33%)(2)人柄(18%)(3)日頃の活動(9%)(4)身近な人の評価(7%)(5)経歴(5%)が上位5項目だった。全体の3分の1を占めた「公約や政治理念」を重視した有権者の6割近くが牟礼氏に投票。「人柄」「身近な人の評価」「経歴」でも上回った。明石氏は「日頃の活動」を重視した人から6割を超えて得票した。
■最近の市政評価別
 「最近の赤穂市政運営についてどのように感じていますか」の問いには、▽評価できる(14%)▽どちらかといえば評価できる(43%)▽どちらかといえば評価できない(27%)▽評価できない(9%)と回答があった。現市政に否定的な評価を下した層の8割以上が牟礼氏に投票したのに加え、肯定的に評価した層からも3割以上の票が牟礼氏へ投じられた。
■次の市長に期待する市政課題別
 「次の市長に特に取り組みを期待するのは?」の問いで上位5つは(1)高齢者支援(35%)(2)地域医療(32%)(3)子育て支援(31%)(4)環境保全(27%)(5)教育(24%)だった。これらの市政課題で、いずれも牟礼氏が有権者の期待を集めた。今回のアンケートで設定した16の市政課題のうち、明石氏が上回ったのは「交通安全」の1項目のみだった。
<前の記事
[ 政治 ]

コメント

選挙は終わったのになぜこんな記事をのせるのでしょうか?
現市長に対する配慮がなさ過ぎると思うのですが。
投稿:??? 2019年01月23日
 それぞれの候補者が公約や政策、あるいはこれまでの実績を訴えた中で、有権者がそれらをどのように受け止め、投票したのか。有権者にも政治家にも関心があることと思われますし、今後の市政運営の参考にもなると考えています。
投稿:赤穂民報 2019年01月24日
現市長は、現職ですので、その制約(行政内部調整、財政制約、議会との調整等)のなかで現実的に政策立案実行しているものと思います。
新市長は、選挙向けに誇張した面もあり、できるかできないか不確かな面もあるので、その期待を現行政と比較して市民の期待度を推し量るような記事は極めてバイアスがかかってはおりませんか?
また、赤穂民報様としては、取材されているなかで、両者の政策の違いにどちらに現実的な公約として優劣があるか、論評されないのですか?
投稿:赤穂民報様へ質問です。 2019年01月24日
 「その期待を現行政と比較して市民の期待度を推し量るような記事は極めてバイアスがかかってはおりませんか? 」とのご質問ですが、記事はアンケート調査の結果に基づくもので、「バイアスがかかっている」ということはありません。選挙によっては、現市政に否定的な層が一定の割合で現職に投票するケースもあり得ると思います。
 「両者の政策の違いにどちらに現実的な公約として優劣があるか、論評されないのですか?」というご質問をいただきました。本紙では1月1日号で両候補の政治理念を掲載し、1月12日号で選挙期間中の演説内容を掲載しました。両候補の主張をそのまま紹介することで、読者(有権者)に検討材料を提供しましたが、本紙としての論評を掲載するには至りませんでした。この点は不足していたと認識しています。
 「現実的な公約として優劣」を論評することは、それこそ「バイアスがかかっている」と受け取られる恐れがあり難しいかも知れませんが、せめて、「両者の政策の違い」を解説することは可能だったと思います。これは今後の市長選報道で心がけたいと考えています。
投稿:赤穂民報 2019年01月24日
どの項目も、人気投票では拮抗してたのがよくわかります。
政党支持別の投票結果も、中央や地域政党の意向とは関係なく(赤穂でも)あまり反映されていないのが面白いです。
ネットでは、与野党相乗りした共産や兵庫維新なんか内輪でも批判の的のようですね。
何れにせよ、実力と人気、期待度と共に互角の選挙であった。
しかし、どの項目についても、有権者は政党に関係なく、新人の新しい力に期待した!と、いうことでないでしょうか。
前市長もまだお若いですし、お元気ですので、この資料を見るかぎりでは、次の選挙もある意味盛り上がりが期待出きるのではないですか。新市長にとっても緊張感をもって頑張れる。
私は、民報さんのこの記事は、地方での与野党相乗り選挙の問題点がハッキリしていて、興味深く拝見しました。今後も客観性を大事にお願いします。
投稿:支持政党は関係ナシ 2019年01月24日
各アンケートのパーセントが書かれていますが
「記事はアンケート調査の結果に基づくもの」であるならば
各パーセントの元となった実数も合わせて記事にするべきである。
投稿:統計について 2019年01月24日
高齢者支援が教育をおさえて1番っていうのが、なんとも寂しく、希望のない結果ですね。赤穂に限ったことではないのでしょうが。
投稿:期待する取り組みで 2019年01月25日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中