忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 街ネタ
  3. 記事詳細

聖地から聖地へ「縁結びの松」移植へ

 2019年01月01日 
国岡さんから長棟さん(左)へ託された「縁結びの松」
 「恋人の聖地」としてカップルを中心に訪れる人が増えている御崎エリアに新名所を生み出そうと、私設美術館「桃井ミュージアム」が、同じく「恋人の聖地」がある岡山県瀬戸内市牛窓町から幹に結び目がある珍しいクロマツを移植する計画を進めている。
 来月14日のバレンタインデーに「縁(円)結びの松」として移植し、記念のモニュメントも設置する。
 クロマツは牛窓神社の参道入り口付近にあり、高さ約4メートル。根本から数十センチ上に直径40センチほどの輪がある。10年ほど前、同ミュージアム支配人で造園職人の長棟光亮さん(45)が初詣で同神社を訪れたときに見つけ、「これは珍しい。ぜひ譲ってほしい」と持ち主を捜し、近くに住む農業、国岡豊さん(80)の所有とわかった。
 国岡さんによると、このクロマツは亡父が今から約40年前に幼木を植えたもの。当時小学生だった国岡さんの長男がいたずら心で幹を輪っかに結び、そのまま木が成長したのだという。
 最初のうちは「家族の思い出がある松なので」と長棟さんの申し出を断っていた国岡さんだが、「恋人の聖地のシンボルとして大切に育てていきます」と繰り返し懇願する長棟さんの熱意にほだされ、3年前に譲渡を承諾。その後、日照不足で枯れかけたが、長棟さんが何度も現地へ通って剪定や防虫などの世話をし、すっかり樹勢を取り戻した。
 同ミュージアムでは瀬戸内海を一望できるロケーションの良さから結婚式や婚活パーティーが開かれることも。クロマツは日当たりの良い庭園に移し植えられる予定で、「手放すことに寂しさはあるが、きっと大切に育ててもらえると思う」と国岡さん。
 移植にかかる費用は地域活性クラウドファンディング「ファーボ」で一般からの寄付を呼びかけるほか、モニュメントのデザインも公募する予定。長棟さんは「みなさんに愛されるスポットを創り上げたい」と話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2019年1月1日・第1部(2307号) 1面 (8,714,445byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中