忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

高野の産廃処分場 別会社に施設譲渡

 2018年10月20日 
 昨年9月に兵庫県知事が産業廃棄物の処理を許可した高野の安定型最終処分場について、許可を取得した事業者から別会社に施設が譲渡されていたことがわかった。
 県によると、譲渡は今月2日付けで県が許可。南野中の「リングユニオン」から代表者と所在地が同じ「クリーン赤穂」に譲り渡された。
 市は同日付けでクリーン赤穂と環境保全協定を締結。水質検査結果の市への報告義務や市の立ち入り検査を認めることなどを定めた内容で、前事業者と結んでいた協定と「一字一句同じ内容」(環境課)だという。
 登記簿によると、クリーン赤穂は平成29年10月17日に資本金10万円で設立。廃棄物の収集、運搬、処理及び再生を主な業務内容としている。事情に詳しい関係者によれば、高野の産廃処分場施設を譲り受けた後、代表者は辞任。取締役だった男性が後任に就き、会社所在地を相生市内へ移したという。
 施設を譲渡した理由について、前代表者の男性は赤穂民報の取材に「答える義務はない」と話した。クリーン赤穂には今のところ取材できていない。
<前の記事


関連サイト:
【関連記事】知事が操業を許可 容量は大幅減
【関連記事】高野産廃協定 修正案も「期限」定めず


掲載紙面(PDF):
2018年10月20日(2297号) 1面 (6,472,966byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 高雄地区 ]  [ 社会 ]

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中