忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. ボランティア
  3. 記事詳細

モンゴルで作業療法士の育成目指す

 2018年10月13日 
青年海外協力隊員としてモンゴルに赴任する奥田美咲さん
 独立行政法人国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊員として城西町の作業療法士、奥田美咲さん(30)がモンゴルに赴任する。
 10月17日に日本を出発し、首都ウランバートルに2年間滞在。現地の国立病院で医療現場に携わりながら作業療法士の育成を目指す。
 奥田さんは社会人3年目の24歳のとき、マレーシアで作業療法を通した2週間のボランティア活動に参加。そのときの経験から国際協力への関心が高まった。作業療法士になって10年の節目を来年に控え、「これまでとは異なる環境に身を置いてスキルを向上させたい」との思いもあり、8年間務めた兵庫県立リハビリテーション西播磨病院(たつの市光都)を今年6月末に退職。青年海外協力隊員に応募した。
 モンゴルでは作業療法士の国家資格制度が創設されたばかりで、今年4月に最初の合格者が誕生した。奥田さんは一緒に働きながら作業療法士に必要な技術や知識を伝えていく。
 子どものころから「困っている人を放っておけない性格」。母親の知人の看護師から「向いている」と勧められて医療関係の仕事を目指すようになった。元気になって退院した患者が手紙をくれたり、病院へ顔を見せに来てくれたりしたときに大きな喜びを感じる。
 「患者さんがどのような人生を送ってきて、これからどのような人生を送りたいのか」を第一に考えて接しているという奥田さん。「押し付けにならないように、国民性を尊重しながら活動していきたい」と抱負。作業療法士の学会をモンゴルで初めて開催する目標も持っている。


掲載紙面(PDF):
2018年10月13日(2296号) 4面 (9,618,158byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中