忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 街ネタ
  3. 記事詳細

円熟の干し柿に見た健康長寿の秘訣

 2018年10月13日 
91歳で健康長寿の安川昭雄さん
 住宅街では珍しい吊し柿が中浜町にあると聞き、見に行った。
 民家に隣接した約300平方メートルの畑に柿の木が大小7本。その奥にプラスチック波板で雨よけをした下に、ひもで数珠つなぎしたオレンジ色の果実が何本もぶら下がっていた。
 干し柿を作っているのは、さつき町の安川昭雄さん(91)。地域では「アサガオの安川さん」と呼ばれるほどのアサガオ栽培の達人で、アサガオ以外にも野菜や果物を上手に育てているという。
 柿の木は7本とも種から育てたものだという。今年は例年以上の豊作でたくさん収穫できたため、初めて干し柿作りに挑戦した。「自己流なんで、うまいことできるかどうかわかりませんけど、まあまあできたら、もらってくれる人におすそわけするつもりです」。
 安川さんは経営で業績を挙げた会社を60代で後進に譲り、その後は旅行やゴルフ、絵画に歴史研究などセカンドライフを謳歌。70歳を過ぎてからはボランティア活動にも取り組み、「まだまだやりたいことがなんぼでもあるんです」と話す姿は健康長寿のお手本だ。
 収穫したばかりの柿を一つ畑でいただくと、今までに食べたことのないくらいの甘みと香りに完熟していた。十分に熟した上で、これからさらに甘みを凝縮させていく干し柿は、まるで安川さんの人生そのもののように感じた。


掲載紙面(PDF):
2018年10月13日(2296号) 4面 (9,618,158byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中