忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

障害者雇用率 赤穂市は2人不足

 2018年09月27日 
 赤穂市は27日、教育委員会と市民病院事業の障害者雇用数が各1人ずつ法定基準を満たしていなかったことを明らかにした。障害者の法定雇用数の算定方法の解釈に誤りがあったのが原因。市は「早期に基準を達成するよう取り組んでいく」(人事課)と話している。
 市によると、障害者雇用率の基礎となる職員数について、これまでは臨時職員を含めずに算定していたが、今月兵庫労働局から「1年を超えて継続雇用が見込まれる臨時職員も含めるように」と指導を受けた。再計算したところ、今年度の障害者法定雇用数は教育委員会で「4人」、市民病院事業は「8人」となり、それぞれ1人不足している状態だとわかったという。
 市長部局・水道事業は法定雇用者数「8人」に対し、8・5人を雇用しており、基準を満たしていた。同課は「兵庫労働局と協議しながら採用計画を策定し、雇用率を達成したい」と話している。


掲載紙面(PDF):
2018年10月6日(2295号) 3面 (9,531,415byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中