忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 子供ボランティア
  3. 記事詳細

子ども食堂「地域のにぎわいにも効果」

 2018年09月22日 
子ども食堂をテーマに開催された地域福祉セミナー
 「子どもが一人でも安心して来られる居場所」として全国に急速に広まっている「こども食堂」をテーマにした地域福祉セミナーが22日、中広の赤穂市総合福祉会館であり、社会活動家の湯浅誠氏(法政大学教授)が講演。「こども食堂は地域のにぎわいづくりと子どもの貧困対策の両方に役立つ」と意義を語った。
 こども食堂は、無料または安価で食事を提供することで孤食や欠食をなくし、子どもたちを地域ぐるみで守り育む活動。共働き世帯の増加や経済的格差が広がる社会を背景にニーズが高まり、湯浅氏によると全国で少なくとも2500カ所が運営しているという。
 各地の子ども食堂に詳しい湯浅氏は、「人と人がふれあう、やさしくて、あったかいにぎわいを地域に創る、というのが子ども食堂の根本」と強調。「基本的な生活体験が不足している子にとっては新たな気付きや学習の場にもなり、高齢者にとっては運営を手伝うことが生きがいにもなっている」とメリットを紹介した。
 講演後のシンポジウムでは、赤穂市内で子ども食堂を運営する岩崎由美子さんと氏部あかねさんも登壇。「学校に行きにくかった子が、子ども食堂をきっかけに学校へ行けるようになった」「子どもだけでなく大人も参加することで世代間交流にもつながっている」などと効果を発表した。また、市が施策に取り入れている明石市では、小学校の家庭科室や企業の社員食堂も活用して全小学校区に1カ所以上が開設されていることが報告された。
 セミナーには約110人が来場。地元で子ども食堂の開設を検討しているという坂越の奥吉昌子さん(50)と薩摩久仁子さん(65)は「話を聞いてさらに関心を持ちました。まずは一度見学に行ってみます」と前向きだった。
 赤穂市内で開設されている子ども食堂は次のとおり。
 ▽あこう子ども食堂=毎月第2木曜と第4火曜、加里屋まちづくり会館で午後5時〜7時。子ども無料、大人300円。TEL55・9188
 ▽普門寺こども食堂=毎月第1・3水曜、おせど会館(尾崎)で午後5時〜7時。子ども100円、大人300円。TEL090・9873・0864
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2018年10月20日(2297号) 3面 (6,472,966byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中