忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

木津水位計「はん濫危険水位」まで39センチ

 2018年07月10日 
 西日本の広い範囲で甚大な被害をもたらした大雨で、赤穂市でも千種川の水位がはん濫危険水位まで、あと39センチに迫っていたことが市のまとめでわかった。
 県が木津に設置している水位計の1時間ごとの記録によると、今月5日の降り始め以降、2〜3メートル台で推移していた水位は7日午前0時に4メートル06となり、はん濫注意水位(3メートル80)を越えた。その後も水位は上昇を続け、同2時までに避難判断水位(5メートル25)を突破。同4時にピークの6メートル01を記録し、その後下降した。
 市によると、木津観測所のはん濫危険水位は6メートル40。「もし、さらに雨が降り続いていれば、はん濫危険水位に到達していた可能性があった」(危機管理担当)という状況だった。
 同観測所の過去最高水位は平成16年9月(台風21号)の6メートル70(テレメーター測定の上限値である6メートル49を超過したため、流跡を現地実測)。昭和51年9月(台風17号)の最高水位は6メートル65だった。


掲載紙面(PDF):
2018年7月14日(2285号) 1面 (4,712,529byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]

コメント

連日、テレビで悲惨な状況を目の当たりにしています。
決して他人事ではありません。
いつ起こるかもしれない、いや起こるであろうと考え、今すぐ、市内の川全て、堤防等を見直すべきではないでしょうか。
今回はなんとか免れましたが、次は駄目かもしれません。
市民の命を守るため、お願いします。
投稿:えい 2018年07月13日
防災放送も役に立たない。
いっその事、戦時中みたいにサイレンでも鳴らした方が。
風呂のオナラみたいにゴボゴボ言ってるよりましだ。
投稿:ビー 2018年07月13日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • エイサー踊って15年 記念公演←。。。(12/10)
  • インフル学級閉鎖 昨年度上回るペース←匿名(12/07)
  • もう一度リングへ 小國さん現役復帰表明←4回TKO(12/01)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中