忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

総勢400人出演「ブラスの祭典」

 2018年06月10日 
迫力ある演奏が客席を魅了した「吹奏楽・金管バンドの祭典」
 今年10回目を迎えた「吹奏楽・金管バンドの祭典2018」(主催・公益財団法人赤穂市文化とみどり財団)が10日、中広の市文化会館ハーモニーホールであり、小学校のクラブから社会人サークルまで幅広い団体が出演。満席の大ホールで練習の成果を発表した。
 吹奏楽の素晴らしさ、楽しさを広めることを目的に平成21年度から毎年開催している。今回は「心にかけよう!にじ色のハーモニー」をテーマに8団体が参加。ポップスやアニメ曲などを披露した。昨年の全日本吹奏楽コンクールで通算4度目の金賞を受賞した岡山学芸館高校吹奏楽部もゲスト出演。迫力ある音色をホールに響かせた。
 プログラムの最後は約400人の出演者全員で「星条旗よ永遠なれ」を合奏。観客も手拍子で盛り上げ、ステージと客席が一体となって楽しんだ。
 クラブ全員が赤いTシャツを着て参加した御崎小学校金管バンドクラブの今宮結菜さん(11)=6年=は「ステージはライトがまぶしくて客席が見えなかったので緊張しませんでした。練習以上の演奏ができて、やっぱり金管はおもしろいと思いました」と感想を話した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2018年6月16日(2281号) 4面 (9,289,565byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中