忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

「坂越の船祭」櫂伝馬2艘を新調

 2018年05月29日 
関係者が見守る中、進水した櫂伝馬の新造船
 江戸時代から続く坂越・大避神社の例祭「坂越の船祭」(国重要無形民俗文化財)で使われる祭礼用和船「櫂伝馬(かいでんま)」2艘が新調。5月28日に進水式で関係者らにお披露目された。新造船は坂越湾の生島にある船倉に移され、今秋の出番を待つ。
 坂越の船祭は毎年10月第2日曜日の本宮で頭人船、神輿船、歌船など11艘の船団が御旅所のある生島へ渡り、2艘の櫂伝馬が先頭を務める。これまでの櫂伝馬(昭和57年〜58年建造)が老朽化したため、氏子らでつくる「坂越の船渡御祭保存会」が文化庁と県教委及び赤穂市の補助を受けて新造した。
 同祭礼の和船はかつて、地元の船大工で赤穂市選定保存技術保持者だった湊隆司さんが建造と修繕を請け負っていたが、湊さんが4年前に死去。その後は姫路市的形町のオクムラボート販売(奥村雅晴社長)が引き継いだ。今回も同社が瀬戸内海歴史民俗資料館(高松市)の織野英志専門員から学術的・技術的指導を受け、昨年9月に起工。吉野杉を主材料に大きさや形状、装飾は現行船をモデルとし、同神社の神紋である「八本矢車紋」の銅板飾りを船体側面にあしらった全長約9・7メートルの櫂伝馬を完成させた。
 進水式は御旅所を臨む坂越ふるさと海岸で開かれ、保存会会員や神社役員など約50人が出席した。生浪島堯宮司(74)が祝詞を奏上。建造を手掛けた船大工らが船体中央に「船霊」を組み込み、海上へ送り出した。
 「先代」の櫂伝馬は獅子船に転用され、現在の獅子船は地元の文化財として倉庫に保管する。保存会の篠原明会長(81)は「先に修理した神輿船、歌船と合わせて、船渡御を将来にわたって継承する課題の一つを解決できた。この秋も多くの方に祭りを見物してほしい」と話した。


掲載紙面(PDF):
2018年6月2日(2280号) 1面 (11,449,579byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中