忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会文化・歴史
  3. 記事詳細

日本遺産「北前船寄港地」赤穂市が追加認定

 2018年05月24日 
「北前船寄港地・船主集落」の日本遺産追加認定を万歳三唱で祝う「坂越のまち並みを創る会」のみなさん
 文化庁は24日、昨年度に日本遺産認定した「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間―北前船寄港地・船主集落」に赤穂市を含む27市町を追加認定したと発表した。知らせを受けて地元では関係者らが鏡開き。万歳三唱で喜びを分かち合った。
 北前船は江戸中期から明治にかけて、本州の日本海側沿岸を経由して大坂と北海道を結ぶ西回り航路を往来した買積船の呼称。北海道から福井県にかけての7道県11自治体による申請で「北前船寄港地・船主集落」は昨年4月に日本遺産に認定。今年2月、新たに赤穂市など14道府県27自治体が追加申請した。
 赤穂では、船舶の風よけに適した生島(国天然記念物)があり、高瀬舟が往来した千種川にも近い坂越が寄港地として栄えた。船舶管理を行った「旧坂越浦会所」(市有形文化財)、廻船運賃を記した「船賃銀定法」(同)、航海中に死亡した人を埋葬した「黒崎墓所」(県史跡)など関連の文化財が現存し、廻船業の繁栄とともに伝承されてきた「坂越の船祭」は国無形民俗文化財となっている。
 地元まちづくり団体「坂越のまち並みを創る会」(門田守弘会長)が3年前から日本遺産認定を目指して活動。北前船寄港地フォーラムに参加してゆかりの地の関係者と交流を深めたほか、地域で学習会やイベントを開催。旧坂越浦会所近くに北前船の模型を展示するなど機運を高めた。そうした熱意に行政も腰を上げ、昨年7月に関連自治体で構成する「北前船日本遺産推進協議会」に加盟した。
 追加認定の知らせに明石元秀市長は「大変うれしい。赤穂市の豊かな歴史文化を伝える貴重なストーリーの一つとして、観光振興や地域活性化の追い風になるものと期待している」とコメント。関連自治体と連携しつつ、有形・無形の文化財群を国内外へ発信し、地域活性化に役立てる。
 念願がかなった門田会長は「地元をはじめ協力、応援していただいた方々のおかげ」と感謝。今後は高瀬舟が運航した千種川沿いの地域をつなぐウオーキングイベントや古民家を活用した観光客向け休憩所の整備などに取り組む予定で、「自立した運営を目指したい」とインターネット上で寄付を募るクラウドファンディングで資金調達を呼び掛けることも検討している。
 日本遺産は、地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを文化庁が認定するもので平成27年度に創設。今年度の新規13件を含めて認定件数は67件となった。兵庫県関係分では▽デカンショ節▽銀の馬車道などがあり、「北前船寄港地・船主集落」で5件目。同庁は東京オリンピックが開催される2020年までに100件程度の認定を予定している。


掲載紙面(PDF):
2018年5月26日(2279号) 1面 (9,470,034byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

今回の日本遺産「北前船の寄港地」、赤穂市の追加認定、おめでとうございます。
次いで、市長のコメント、歴市文化は歴史文化の変換ミス。
これまでの追加認定への経緯、そして、関係各位の皆さんの努力に感謝と敬意を払います。
日本遺産は、これまでの追加認定へのみちのりより、これからがもっともっと大切なことであり、
重要なことであります。
これまで経験したことのない、高度で精度の高い情報収集と敏速、スピディで丁寧な情報発信、
加えて情報の共有化で、官民あげてのイベント等々を毎年実施、実行していかなければ意味なし。
日本遺産の認定は、これまでの文化財指定より、形を変えて、啓発普及など難しく、
これまで認定を受けた各市町村は、活発な活動などを展開しており、
赤穂市の力量が試されるものであり、これぞ都市競争がはじまったものと感じます。
先ず、1週間目の力量、次いで1ケ月目の力量で、およそ赤穂市の蓄積力、
今後の、未来の力量がはっきりと見えてきます。
日本遺産67件の認定を受けた全国各地の市町はそれぞれ力量を展開し推進しています。
そして「北前船寄港地」だけに限っても、全国の市町は多種多様なイベント等を展開しています。
さて、我が赤穂市は、先ず何をするのか、しようとされているのか。
官民連携で、市民一人ひとりが頑張って、盛り続けようではありませんか。
投稿:気になるひとり 2018年05月25日
 市長コメントで、「歴史文化」が「歴市文化」となっておりました。変換ミス及び確認不足でした。訂正の上おわびします。
投稿:赤穂民報 2018年05月26日
赤穂市が、どれくらいの力を入れて全国区にしてくれるか見ものです
投稿:北前船 2018年05月26日
それは、無理でしょう!市は、義士にばかり沢山の市民の税金を使い、大河ドラマや義士の日本遺産登録も失敗し、おまけに、赤穂塩でも日本遺産の登録に失敗しています。これが赤穂新聞で暴露されなかったら赤穂塩の失策は誰もしらなかったのでは?赤穂義士が日本遺産登録出来なかったのは、有名過ぎるからだと平気で嘘をつくのには驚きました。
投稿:堀部安兵衛 2018年05月28日
赤穂義士が日本遺産になれなかったのは、山鹿素行を無視ていたからでしょう!山鹿素行で日本遺産に申請していたらなっていたでしょう!リーグの器があまりにも小さいのが誰か見てもわかるでしょう!
投稿:やまがそこお 2018年05月29日
確かに山鹿素行、新渡戸稲造、吉田松陰、で展開すれば、
日本遺産になっていたでしょう。なってから忠臣蔵を出せば良かったのです。これは山や鹿素行を粗末にしてきたむくいかも。
投稿:新渡戸ファン 2018年05月30日
今回は忠臣蔵発信が有名過ぎて日本遺産の創設趣旨にそぐわなかっただけなので、戦術の角度を変えて引き続き、山鹿素行や、新撰組、吉田松陰、はたまた、秦氏、キリシタン、熊本・細川家、信長・森家ゆかりのルートで申請してみるとよいですね!
投稿:努力の結果は無駄ではない! 2018年05月30日
有名過ぎるは違うでしょう。義士よりもっと有名な、たとえば四国お遍路等
数多くのものが、日本遺産になっています。ここを考えないと。何故指定を受けられなかったか?その本質を理解すべきです。日本遺産は国の文化財が基本です。
赤穂城を基本に赤穂の文化を基本に考えたストーリで出せば実現できていたでしょう。義士を全面に出せば、今でも苦しんでいる地域があるのを自覚すべきです。
投稿:無名 2018年06月01日
すでに、赤穂事件、忠臣蔵のストーリーは世界的に書物・映画や知られています。実際、そうです。なので今回は認定されませんでした。
お遍路については、日本人はもとより、特に外国人には、その変遷・歴史・関連物語はまだ広く知れ渡ってはいません。私もそこまで詳しく存じておりません。と、いう訳で今回認定されたのでしょう。
忠臣蔵が相応しくないというのは、世界に向けて新たに紹介する、埋もれた日本の歴史ストーリーの選定理由にはそぐわないというだけです。
忠臣蔵遺産の視点を変えるとは、山鹿素行の足跡から、その生涯をメインに赤穂事件を辿るもの。新撰組から太平洋戦争を経て現代までの日本人の深層心理に影響を与え続ける赤穂事件の遺産です。お解りになられましたか?
投稿:視点を変えた忠臣蔵とは・・・ 2018年06月01日
今回の、埋もれていた坂越の北前船遺産が登録されたように、日本遺産への登録への入り口は実に広い事が解ります。
そのうち、日本に伝わる歴史実話名ストーリーを元に、文化庁が関係遺産を100撰とかでグローバル選定し始めたら、必ず赤穂の忠臣蔵関連の遺産は色んな角度から入ることでしょう。
一番大切なことは登録達成でなく、日頃の郷土の歴史の学習、その文化財を守る心、伝え残す整備・努力をしている地域であるかどうかであり、登録はその努力へのご褒美だと思います。

投稿:目指すものでなく、されるもの 2018年06月01日
忠臣蔵サミットなどを通して、広く認識を広め、高めようとされてはいますが、北前船のように、先人の残した足跡や民衆の歴史や生活を伝え残そうしているものとは違って、忠臣蔵は、戦前・戦中に国家体制や戦意高揚のために利用されたり。大河ドラマにしてもらって街おこしを図ろうとしたり。赤穂の史跡と言われているものにも、根拠に疑問があるものがあったり。映画、ドラマに至っては、まさに「創作」であるものがほとんどで、北前船と並べて論ずるには無理があるように思います。
投稿:忠臣蔵は純粋に歴史・文化遺産と言い難い面がありませんか 2018年06月01日
戦争利用は負の遺産、ひどく錆びた刃では雑草も刈れません。
さて、日本遺産認定の快挙、忠臣蔵同様、坂越だけでは到底成し得なかったことで…
乗った船が大変よかったのですね。
これからがスタート、日本遺産の名に恥じぬよう、引き続き地道な街並みの美化にみんなで取り組みましょう。
とりあえずは、おめでとうございます!
投稿:エールを送る泥船の船頭 2018年06月03日
日頃村おこしに躍起で、観光資源に乏しい過疎傾向の自治体にとっては号外や祝幕が出るくらい大騒ぎですが、地方でもすでに有名な観光地や、大阪、神戸のようにそうでない所ではその反応はクール。観光資源ネタが多方面に分散、それだけではない余裕の表れでもあります。
関係者のみの当日祝杯のみで、翌日には町を歩いても知るすべもない程、無反応で静かな赤穂市。はたしてどちらなのでしょうか?
なんとか遺産のような認定には、その管理状態が悪くなったり、その他相応しくない問題が顕著であると普通は指定解除があります。

坂越人にとっては、正直、喜び反面、年寄りばかりでキューキューでしょう。笑
肉体的にも、ご予算的にも負担も大きい。
しかし、自ら追い込み頑張ってます。
伝統文化を守るとはこういうものです。
一人でも多くの理解者が増える事を願ってやみません。
投稿:これからが正念場 2018年06月03日
忠臣蔵が有名だから登録されなかったというのは
失策以外の何物でもない!
忠臣蔵より有名な鎌倉の大仏、四国の遍路が日本遺産に登録されてるんですよ!!皆さんが書いてるように戦略ミス

もう一度練り直して申請してもよいのでは?
観光大使47人その中には識者も数多くいるが、ただのお飾りか?動いてもらえばいかがか?

赤穂の塩は、塩田作業で使った道具や、財を成した田淵氏庭園等と、塩田資料は残っているが肝心の塩田が残ってない、ストーリーをしっかり作らないとかなり難しい

坂越は街並み、国の文化財のお祭り、国の天然記念物生島、船難事故でなくなった方の墓所等
しっかり残っている
最近奥藤市もかなり賑わいをみせ、観光客誘致できる可能性は大いにある
市の支援が少ないように思うのは私だけだろうか?坂越を電線地中化したらよいと思う。

投稿:ゆきや 2018年06月04日
そう言えば、日本遺産に登録されているのに、その「たれ幕」さえないですね。そんな町は全国にどこにもないでしょう。文化庁の審査委員の方々がこれをしれば、次はないかも!
投稿:なにわ 2018年06月05日
市に頼るからダメなんだ。
投稿:おんぶおばけ 2018年06月05日
ほんまやなあ!赤穂がうらやまし!坂越の人は、赤穂に感謝しないといけないで!自由に活動させてもらって!赤穂は福沢諭吉の考えを実践者できる市やったんやね
投稿:岡山の諭吉 2018年06月06日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中