忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会商業・経済
  3. 記事詳細

買い物利便向上へ集会所で出張昼市

 2018年03月31日 
大勢の利用客でにぎわう千鳥集会所の「水曜市」
 地域住民の生活利便性向上を図ろうと、千鳥自治会が民間業者に依頼して開く一日出張昼市が好評だ。隔週の水曜日の午後、千鳥集会所で野菜とフルーツ約40品目を販売。車を持たない高齢者にとって「歩いて買い物に行けてありがたい」と喜ばれている。
 市営・県営住宅があり500を超える世帯が暮らす千鳥自治会は数年前に地区に唯一残っていた食料品店が店じまい。「買い物が不便で困る」との住民の嘆きを受けた自治会役員が市内の業者や農家に出張販売を要望したが採算面で難しく、引き受けるところはなかった。
 そんな中、住民の知り合いで備前市穂浪で4代続く青果販売業「梅木商店」を営む谷啓一さん(63)が「2週間に1回でよければ」と引き受けた。店が休みになる水曜午後に「水曜市」として昨年12月にスタート。ちらしを各戸に配布して開催を知らせたところ、初回から大勢の客でにぎわった。「新鮮で安い」と好評で、毎回60〜100人の利用があるという。
 谷さんは「水曜市」がある日は午前の仕事を終えると、ワゴン車2台に段ボール箱入りの野菜や果物を積み込み赤穂へ。集会所へ到着すると品物を降ろして手際よく値札を付けていく。およそ30分もすれば会議室が青果売り場に早変わり。開店予定時刻の1時半になる前に集会所に買い物客が集まり始めるといい、いかに住民が楽しみにしているかがうかがえる。
 利用客のほとんどは徒歩の高齢者。杖をついて買い物に訪れた女性は「車も自転車も乗らんから、本当にありがたい。月2回で十分なので、これからも続けてほしい」と継続に期待する。
 「商売はお客さんに喜んでもらってこそ意味がある。手間はかかるけど、『ありがとう』って言われたら、また来るしかないわね」と谷さん。自治会では住民の要望に応じて品揃えを増やそうと惣菜や菓子類を出品してくれる業者を探しているといい、村阪産代一会長は、「暮らしやすい地域づくりにつなげたい」と話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2018年3月31日(2272号) 1面 (13,077,582byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺