忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 街ネタ
  3. 記事詳細

善意の見守り 高齢者救う

 2018年01月27日 
善意の見守りで高齢者を救い、自治会関係者から称えられる藤本敏也さん
 中広の市営住宅で今月3日、一人暮らしの70代男性が軽度の脳梗塞を発症して倒れているのを、同じ棟に住む知的障害者の藤本敏也さん(54)が発見。
 男性は倒れてから少なくとも丸1日以上、暖房のついていない部屋で何も食べずに身動きがとれなくなっていたとみられ、発見が遅れていれば命にもかかわる事態だった。自治会関係者は「藤本さんのおかげで助かった」と感謝している。
 自治会役員によると、男性は救出時、「2日前に倒れた」と話したという。電話をかけることもできず、たまたま手の届くところにあったペットボトル入りの炭酸飲料を飲み、しのいでいたとみられる。
 藤本さんは男性と近所付き合いがあり、しばしば男性宅を訪問。高齢の男性に代わって食料品の買い出しをしてあげるなど日頃から親切にしていた。男性が半月ほど前から体の不調を訴えていたと人から聞き、心配になって様子を見に行ったところ、倒れている男性を発見したという。
 「『助けてー、助けてー』言うとった。びっくりした」と藤本さん。自治会役員宅に「大変や」と駆け込んだ。役員らが駆け付け、男性は事なきを得た。救急搬送先の病院で治療を受け、命に別状はないという。
 藤本さんは加里屋の就労継続支援A型事業所「フロンティア」に勤務。週5日、リサイクル家電の分別に従事している。別の部署が製造する洋菓子の販売にも熱心で、事業所管理者の井上育俊さん(58)によると、「自らすすんで飛び込み営業するなど一生懸命。責任感が強い」という。
 しかし、一方で自分の言いたいことをうまく伝えられず、誤解を招いたり、煙たがられたりすることも少なくない。何度か会えば人柄を理解してもらえるが、藤本さんを知る人の話では、「冷たい言葉を浴びせられ、泣いていることもあった」という。
 千鳥自治会の村阪産代一会長(63)は「障害のある人を偏見で決めつけることはよくないと改めて感じた。今回の出来事が障害者への理解につながるきっかけの一つになれば」と話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2018年1月27日(2264号) 1面 (12,256,378byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「赤穂の天塩」27年ぶり値上げへ←ビックリマン(03/23)
  • 「赤穂の天塩」27年ぶり値上げへ←赤穂市・・・。(03/22)
  • 次期総合計画へ提言書「人口減カーブをいかに緩めるか」←市民市民(03/21)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中