忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. スポーツ
  3. 記事詳細

「努力すれば夢叶う」目標は東京パラ

 2018年01月01日 
親友のサポートを受けてトレーニングに励む枝川哲也さん
 東京パラリンピック出場を目指し、日々トレーニングに励む車椅子ランナーがいる。南野中の会社員、枝川哲也さん(35)=神戸製鋼加古川製鉄所=。昨年9月に篠山市で行われた第29回全国車いすマラソン大会はハーフマラソンで3位に入賞した。信条の「努力すれば夢は叶う」を胸に練習を続ける。
 枝川さんは全国障害者スポーツ大会に水泳と陸上で通算7度出場したアスリート。障害者野球チーム「龍野アルカディア」では肩の強さを活かしてピッチャーを務め、全国大会にも出場した。4年前に「投球に必要な体力をつけたい」とマラソンを始めた。
 レーサー(競技用車いす)を購入し、全国車いすマラソン大会に初出場。一般車椅子でハーフマラソンの完走歴があり、「レーサーがあればフルマラソンも余裕」と自信をもって臨んだが、結果はトップから1時間以上遅れて後ろから3番目でゴール。まったく歯が立たず、「そんなに甘くない」と痛感した。
 そこから奮起し、仕事のない週末に千種川河口付近の周回ロード(1周約2・3キロ)を5周走る練習を始めた。半年ごとに5周ずつ距離を伸ばし、さらに昨夏からは深夜2時に起床して出勤時刻までロードを走る平日練習も週2回加えた。日曜日には同級生で親友の土井良太さん(35)=加里屋中洲=が練習をサポート。自転車の先導で時速30キロまでスピードを上げる。
 枝川さんは生まれつき二分脊椎症で両足にまひがある。小学6年のとき、プロ野球シーズン最多安打を記録したイチロー選手(当時オリックス)が「努力すれば夢はかなう」と話すのをテレビで見て、「自分も何か打ち込めるものを」とスポーツへの挑戦を始めたという。
 「イチローさんの言葉が、暗闇の中にいた自分に光をさしてくれた」と枝川さん。「努力して夢を叶えることができました、と胸を張って言えるようになってからイチローさんに会うことが目標」と精進を誓った。


掲載紙面(PDF):
2018年1月1日・第2部(2261号) 1面 (5,562,713byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中