忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 街ネタ商業・経済
  3. 記事詳細

豊作の黒大豆 ふくよか煮豆に

 2017年12月23日 
周世産黒大豆を地元主婦らが調理した「黒豆の煮豆」
 地元の農産物や加工食品を販売する「周世(すせ)ふれあい市場」で今季収穫した黒大豆の煮豆が新発売。料理上手な地元の主婦たちが丁寧に調理した煮豆は柔らかく、素材の風味を味わえると好評だ。
 周世地区では昨年から地元ベテラン農家でつくる周世営農組合(竹本正明組合長)が黒大豆を栽培。今季30アールを作付けたところ豊作に恵まれ、大粒で良質な実が収穫できた。
 傷やひびのある実を取り除き、砂糖と塩、しょうゆに水を加えて弱火でコトコト。一煮立ちしたら火を止めて味を含ませる。これを2〜3日かけて繰り返し、旨味の凝縮したおいしい煮豆に仕上げるという。
 「粒が大きくて、豆そのものに甘みがあります」と代表理事の大谷世志美さん(57)。来年1月中旬には販売終了となる見込みで、「この時期だけの商品なので、ぜひ味わってもらえれば」と話している。
 小パック(180グラム)180円、大パック(600グラム)500円。生豆は1袋(500グラム)432円で販売している。黒大豆を生地に混ぜて焼いた黒豆パンは1個120円。いずれも税込みで売り切れ次第終了。
 同市場は毎週木曜と日曜のみ午前9時〜午後3時にオープン。新鮮な地場産野菜や味に定評のある巻き寿司などを販売するほか、手打ちそば、地元食材を使った定食など食事もできる。年末は28日まで、年明けは11日に初売り。Tel090・9213・7547。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2017年12月23日(2259号) 3面 (11,696,060byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 御崎に地域資源活用区域 ホテル・店舗など可能に←温故知新。(06/24)
  • 御崎に地域資源活用区域 ホテル・店舗など可能に←赤穂民報(06/24)
  • 御崎に地域資源活用区域 ホテル・店舗など可能に←温故知新。(06/24)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中