忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. かしこい子育て
  3. 記事詳細

関福大リレーコラム・これからは、終わりよければに向かってのマネジメント力が大切!

 2017年11月03日 
 物事ははじめが肝心ですが、何かを始めても、やっている途中で予想外のいろいろな問題が起きるのが世の中の常です。
 そこでそれを調整、解決し、コントロールしながら、めざした目標を実現する、つまり、「終わりよければすべてよし」にもっていくわけです。このような成果を確かめながらの臨機応変な対応能力、機に臨んで変に応じる、柔らかい処理能力、問題解決力こそが、これからの社会で求められるマネジメント力なのです。
 例えば、そろそろテストだからと、テストまでの準備の計画を立てたとします。「始めよければ」で、このような計画を立てることは、テストに臨む構えとして大切なことです。でも計画にしたがってやっているうちに、今日はいつもより疲れているから今日の分は明日まとめてやった方がいいとか、思うようにはかどらなかったから明日もこの続きに少しかかりそう、といった予定外の事態が起こりがちです。
 そこで当初の計画を臨機応変に修正し、改めてテストに向かって準備を進めます。ここで大切なことは、計画通りにいかないからとすぐにあきらめたり、パニックにならないこと、知恵を出して工夫しめざした目標の実現に向けて頑張ること、つまり「終わりよければすべてよし」と思い直して、今やらねばならないことに集中して頑張ることなのです。
 「始末」という言葉がありますが、これは「けち」という意味ではなく、本来は始めに立てた予算を、終末に帳尻が合うよう上手に使っていくことなのです。例えば、月初めに立てた家計の予算を、上手にやりくりしながら、月末に「終わりよければ」で帳尻を合わせることができるようにする。途中で思わぬ出費が生じても、知恵を働かせて乗り切るわけです。
 人生は、一回限りの問題解決の連続です。思うように進まないことも少なくありません。でも投げ出さないこと、うまくいかないからといって誰かのせいにしたり、世の中を斜めに見ないこと。終わりよければで問題解決の過程を楽しみながら、したたかにたくましく生きていくこと。求められるマネジメント力の本質は、このようにネガティブな感情に負けてしまいがちな自分の感情をコントロールし、マネジメントしていく力なのです。
 ネガティブな感情をポジティブに変えるのは、私たち大人にもなかなか手強いことです。でも子育てのためなら、子どもと二人三脚ならできそうに思いませんか。思い立ったが吉日、さあ今日から始めましょう。(加藤明学長)


掲載紙面(PDF):
2017年11月3日(2252号) 4面 (17,880,036byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※内容が不適切と判断したコメントは削除することがあります

1 2 3 4 5

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール