忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. スポーツ
  3. 記事詳細

赤穂ゆかりの安室丈さん 世界jrサーフィンV

 2017年10月07日 
サーフィンの世界ジュニア選手権で優勝し仲間から祝福される安室丈さん=国際サーフィン連盟提供
 宮崎県日向市で1日まで開催されたサーフィンの世界ジュニア選手権で、高雄の安楽寺住職、安室正允(あづち・しょういん)さん(93)の孫の丈(じょう)さん(16)=徳島県海陽町=が男子16歳以下の部で優勝した。
 国際サーフィン協会が主催する大会のサーフィン個人種目で日本人が頂点に立ったのは初の快挙。サーフィンは3年後の東京五輪で正式種目に採用されており、正允さんは「オリンピック目指して頑張って」とエールを送っている。
 同大会には41の国・地域から参加があり、男子16歳以下の部には127人が出場。1ヒート4人で試技を行い、5人の審査員による採点で上位2人が次のラウンドへ進む方式で実施された。丈さんは準決勝3位から回った敗者復活戦で1位となり、ファイナルへ進出。決勝では最後のライディングで鮮やかに高得点をマーク。逆転で栄冠を勝ち取った。
 正允さんの三男でサーフボード工場を営む元プロサーファーの父・正人さん(56)の影響で幼少期から海やサーフィンに親しんだ。小3から本格的に競技に取り組み、14歳でプロに。現在は通信制高校で学び、自宅から車で10分ほどの高知県東洋町の生見(いくみ)海岸を拠点に毎日4〜6時間は波に乗る。
 最近は練習や遠征で多忙なため、なかなか赤穂を訪れる機会がないが、幼いころは夏休みや冬休みの度に帰省。6、7歳のころ、覚えたてのスケートボードで近所の坂を器用に乗りこなし、運動神経とバランス感覚の良さをすでに表していたという。
 「もっとうまくなって日本代表になりたい」とオリンピック出場を目標に据える丈さん。正允さんは「そうなったらすごいこと。応援するために元気に長生きしないと」と笑顔で話した。


掲載紙面(PDF):
2017年10月7日(2248号) 1面 (5,504,152byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※内容が不適切と判断したコメントは削除することがあります
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 広告募集
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 広告募集