忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. かしこい子育て
  3. 記事詳細

関西福祉大学リレーコラム・健康は未来へのおくりもの!(2)

 2017年09月02日 
【子どものネット長時間利用と生活の変化】
 前回は生活リズムと生体リズムの関係をお話しましたが、今回は今、子どもたちの生活リズムの乱れに影響していると考えられる問題についてお伝えします。
 現代の生活は、さまざまなメディア抜きには考えられません。ネットの発達とともにスマートフォン全盛期、中学生の大多数、小学校高学年にも普及し、小学校低学年の児童でも持っている子が増えてきています。
 内閣府の発表によると、平成27年度の調査では、青少年(10―17歳)全体で平日1日のネット利用時間が141・8分、高校生では192・4分でした。平成22年度では、携帯電話・スマートフォンからのネット利用時間は平均1日あたり71・0分だったので、ネット利用時間は数年で2倍近くに増えていることになります。
 スマートフォンの普及により子どもたちのネット利用時間は激増しています。ネットの利用時間には個人差がありますが、平日のネット利用時間では1時間未満の者が20%以上いる一方で、5時間以上の者が11・4%(高校生では19・8%)もいました。つまり、1割以上の子どもたち、高校生では2割に及ぶものの生活リズムが乱れているかもしれないといえます。
 また、全国学力・学習状況調査の結果では、どの教科でも携帯電話やスマートフォンでのネット利用時間が長いほど成績が悪くなることが示されています。さらに中高生のスマートフォン長時間利用者の傾向として、「朝食をとらない」「毎日が楽しくない」「将来の目標がはっきりしない」「いらいらする」「やる気が起きない」「気分が落ち込む」「自分に自信が持てない」などの回答が多いという結果もでています(ベネッセ教育総合研究所)。
 生活上のさまざまな課題とネットの長時間利用が同時に起きやすく、複合的に子どもにとって望ましくない状況ができていると考えられています。ネットの長時間利用は、ネット依存の問題とも関連します。不安傾向の強い子どもがネットを長時間利用することによって離れづらくなり、朝起きられない、学校に行けないなどの問題とつながるのがネット依存の問題です。
 そこで提案です、子どもたちの健康な生活のためにネット利用状況の把握や乱れた生活リズムを改善するための声かけは適宜行い、とくに家庭内でのコミュニケーションを十分もつことから子どもたちが自分で時間を区切れるよう導きましょう。(岡本啓子・看護学部教授)


掲載紙面(PDF):
2017年9月2日(2244号) 4面 (16,703,268byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※内容が不適切と判断したコメントは削除することがあります

1 2 3 4 5

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 広告募集
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 広告募集