忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

赤穂コールドロン講演会に360人

 2017年08月27日 
赤穂コールドロンで採取された岩石に見入る参加者
 国内最大級の火山性陥没構造が判明した赤穂市域一帯の地形について専門家が語る講演会「命名!赤穂コールドロン」が27日、新田の関西福祉大学であり、地質調査を担当した国立研究開発法人産業技術総合研究所の研究員が地質の成り立ちを解説した。
 同研究所によると、赤穂市域一帯は日本列島がまだ大陸の一部だった約8200万年前の後期白亜紀に大規模な火砕流噴火によってできたカルデラが陥没した跡地に位置。その大きさは東西21キロ、南北16キロ以上に及び、阿蘇や姶良に匹敵するサイズだという。同研究所は「赤穂コールドロン」と名付け、昨年8月、調査結果を地質図にして発表した。
 この日は同研究所の斎藤眞博士が地質調査の意義や作成手順を説明した上で、赤穂市一帯を3年がかりで合計200日間かけて踏査した佐藤大介研究員が赤穂コールドロンの成立過程を図解。大規模な火砕流噴火によって円形に陥没した割れ目からマグマが上昇して固まってできた「環状岩脈」など陥没カルデラ特有の現象が赤穂市と周辺で確認できたことや、地層調査によって9回の噴火があったと推定されるとの分析を語った。
 講演会は赤穂市が主催し、約360人が来場。会場には赤穂コールドロンで採取された岩石も展示された。親子3人で聴講した尾崎の小学6年、大西諒英(あきふさ)君(11)は「どうやって出来たのか知りたかった。コールドロンは不思議がいっぱい」と興味を深めた様子だった。
 斎藤博士は「四国山地と中国山地の間の瀬戸内海沿いだからこそ赤穂の塩田も生まれた」と地質が地形や気候、産業に恩恵をもらたした点を強調。「まずは赤穂に住む人たちが地質史を知り、郷土に誇りを持って」と呼び掛けた。


掲載紙面(PDF):
2017年9月2日(2244号) 4面 (16,703,268byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

空ではプテラドンが、海ではアンモナイトが生きていた時代、日本は今のユーラシア大陸の一部だった(←NHKスペシャル「列島誕生」で詳しく見れます)。
そんな時代(8300万年〜8200万年前)に今の赤穂で大きな火山の噴火があり、大きな凹みができた。そこにマグマなどが積もり、現在の赤穂の土台ができあがった。
これを「赤穂コールドロン」と呼ぶことにするようだ。

私も参加したが、この発見は生かすも殺すも関係者次第と感じた。

地質が風景や人間社会(歴史や伝統)を作ると言われていた。
これを機に赤穂の歴史を再定義し直して、ストーリーを持った観光につなげて欲しい。
「例えば、
1.日本はまだ大陸の一部。白亜紀に赤穂の土台が完成、赤穂コールドロン。赤穂御崎の地質的成り立ち
2.南北の千種川と東西の道路で古墳時代前後では有年が当時の市街地。現在の市街地は海
3.坂越と秦氏を通じた聖徳太子とのつながり
4.中国・四国山地、瀬戸内海の影響で製塩・塩田ができた
5.赤穂藩が栄える。この頃から現在まで上下水道技術が国内有数」

他のカルデラはジオパークとして観光に上手く取り込んでいるところがあるようだ。もちろん観光・名義のためだけではなく、保全や研究、教育、普及などの活動も必要である。
赤穂市役所が主体となって、関係周辺自治体(日生市・備前市・上郡町・相生市)や海洋科学館、その他関係団体を含めてじっくりこの発見の活用について考えて欲しい。

・赤穂コールドロンのポイント
【長所】阿曽や姶良カルデラと並んで日本最大級
【短所】浸食によりカルデラ地形が失われていて、目に見て実感できる所が少ない
投稿:かいく 2017年08月28日
【誤】日生市 ・備前市【正】備前市
失礼しました
投稿:かいく 2017年08月28日
真夏に壮大なスケールの話でした。充実した時間となりました。
 これを機会に、「赤穂の地層、地質」と「赤穂の風景」を結びつけて、市民に広く知らせることを赤穂市が主体となって取り組んではどうか。
赤穂に住む誇りが持てると思う。同時に眼前に広がる赤穂の自然風景が、違って見えてくるに違いない。私たちには、次世代にこの財産を引き継ぐ責任があるとも思う。
 地球生誕後にほんの一瞬登場した(人間)生物が、繁栄という名のエゴで科学物質ゴミなどをまき散らし、地球歴史や生態系を壊すことは、許されない。
 赤穂コールドロン。過去からのメッセージです。「かいく」さんのおっしゃるとおり生かすも殺すも関係者次第。もっと言えば、赤穂市民の知的関心の高揚次第だと思う。
投稿:アンモナイト 2017年09月01日
日本遺産の価値に値する地域的特色、歴史、文化遺産になると思う。
赤穂市長が先頭となって、日本遺産認定に向けた取り組みと具体的作業を早速始められたい。「鉄は熱いうちに打つ。」赤穂義士だけでなく、赤穂市を全国展開する絶好のチャンス。機転を利かす、市政の力の見せ所。
投稿:くびなが竜 2017年09月02日
市長が講演を聴きに来ていましたが、単なる講演を聴くためのパフォーマンスにならないで、もっと赤穂の魅力をアピールしてもらいたい
観光資源で赤穂わアピールするのなら、大河ドラマよりもブラタモリですよね
投稿:赤穂人 2017年09月03日
私も、ブラタモリに取り上げられるのが1番いいと思います。
「赤穂の塩は、巨大火山の上で作っていた」
「赤穂義士は、巨大火山の上で生まれた」
というような、タモリさんも驚きそうな内容ができるのではないでしょうか。 ロケの様子を想像すると、考えただけでワクワクします。
(NHKのブラタモリのホームページでは、候補地も募集されていますね。)
投稿:尾崎人 2017年09月03日
尾崎人のコメントを読みまして、NHKのホームページから、赤穂の地質等についてブラタモリで取り上げて欲しいと投稿しました
先人が残した歴史よりも大自然が残した歴史の方が、人々を引き付ける魅力がありますね
投稿:赤穂人 2017年09月03日
コールドロン…と言っても周囲全体が、それなので〜「ここが、ザ・コールドロン!」という場所を
決めて紹介して欲しいです。興味が有る観光客でも見たり触れる場所が無いとイマイチ…だと
思います。ブラタモリ…は、良いですね。城下→御崎(コールドロン)→誓教寺(地獄絵図)→
坂越(大避神社=秦氏)と移動して、最終的には、牡蠣を食べてもらえば…と思います。晩秋
くらいならば気候的にも良さそうと思います。
投稿:ヒロリン♂ 2017年09月04日
坂越沿岸地域、には、割れ目にマグマが入り込んで出来るという「平行岩脈群」とみられる、茶色い層が帯のように露出している所と、まるで、墓石にするため、切り取ったような正(長)方形岩がいくつも重なって切り立って露出している岩がいたる所にあります。
調査員の調べだけでは、発見出来ていない天然の地層の未発見物象がまだまだあると思われます。
市民に広く、調査員として赤穂コールドロンの地質とみられる物象情報を募ってみてはどうでしょうか?
尼子山の山頂の大岩も、ライオン岩も関係を調べてみたら面白い。
投稿:あっ!と驚く・・・・・ 2017年09月05日
父親が言っていましたが、御崎の海岸にある岩と岩の間にある岩脈を茶色をしているから、子供の頃に味噌岩と言っていたそうです
尼子山の頂上付近の岩盤や大塚海岸のライオン岩も後期白亜紀時代の置き土産かな
投稿:赤穂人 2017年09月05日
講演会に参加させていただきました。今から八千万年前の太古の昔、今の赤穂の位置に巨大カルデラを形成する火山が存在したという発見は、赤穂の位置に火山フロントがあったことを証明したという大きな意味があると感じました。その歴史的事実は、今後、赤穂コールドロン以外の同年代の火山活動の事実との因果関係が結び付いて大陸の移動に関する精度の高い地球活動のモデル式が作れる可能性があります。モデル式を「京コンピュータ」でシミュレーションすることによって、今後の火山活動の長期的予測や大きな地震の予測につながって行く可能性がありますよね。赤穂地域の経済活性に繋がるローカルな話というより、人類にとっての大きな知的財産の発見という科学的意義の大きさに注目して理解を深めるのも良いかと感じます。
なお、講演会の後に赤穂市内で佐藤研究員とお話しさせていただきましたが、「ここに大きな火山活動があったかもしれない」とまず地形図を見ることだけで仮説を立てられて、我々の想像以上に念入りに赤穂の山の中を歩き回って、自分の仮説をフィールドワークで立証されてました 。脱帽します・・。彼の行動力と推察力があってこの発見がなされたということも記載しておきます。
投稿:うみほたる 2017年09月09日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※内容が不適切と判断したコメントは削除することがあります
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール