忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 私のこだわり
  3. 記事詳細

【私のこだわり】ジャンボひょうたん栽培と置物制作

 2017年08月12日 
ジャンボひょうたんの栽培が趣味の田渕正行さん
◆田渕正行さん(68)=長池町=
 * * *
 もともと、亡くなった父が畑でひょうたんを作ってまして。父が手作りしたひょうたんの置物が一つ家に残っとって。自分でもやってみようかなと思たんがきっかけです。
 最初は普通の千成ひょうたん。大きいのを作るようになってからは、まだ5年ほど。前の年の実から取った種を3月に発芽させて、4月に畑に植えます。今年は大人の背くらい長い「大長」や重さ40キロにもなる「富士見」とか7種類作りました。
 「ロング」は受粉して3日目くらいの小さな実のときにねじって結び目のあるひょうたんにします。これが難しい。無理して曲げようとしたら折れてしまう。3〜4個にひとつうまくいったらええほうです。今年はうまくいったほうちゃいますか。畑(トーカイ手芸店の西隣り)の横の道歩いとって「これ何ですか」言うて見ていく人多いです。
 「ジャンボひょうたん会」いう全国の愛好者の会がありまして。年に一回つくばである大会に去年初めて参加しました。20年、30年のベテランばっかりで、自分なんかまだまだ。この会はルールがあって、ひょうたんの売買は禁止。それと、順位をつけない。そやから、互いにコツを教え合う。それがええと思います。
 ひょうたんは一年草なんで、毎年新しい株を植えます。うまくいっても、失敗しても、次の年はまた種から育てる。これまでは失敗の繰り返し。収穫のタイミングを逃して全部だめにしたこともあります。何があかんかったんか考えて、次はうまくいくように工夫するのがおもしろい。苗植えや収穫した日の気温をパソコンで記録するようにしてから失敗が格段に減りました。
 こだわりいうほどでもないですけど、畑の落ち葉を集めて作った自家製の腐葉土を畑に混ぜてます。化学肥料はほとんど使いません。やっぱり土が一番大事なんちゃいますか。
 だいたいお盆までには収穫します。中を空にして乾燥させて、表を塗装して置物にします。ひょうたんは昔から縁起物なんで商売やっとう人にあげたら喜ばれます。栽培するよりも、中の種を取り出す作業のほうが手間がかかって難しい。その分、うまくいったときはうれしいです。


掲載紙面(PDF):
2017年8月12日(2242号) 4面 (10,283,825byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

毎年大きな瓢箪が見れるのを楽しみにしています。
投稿:凸凹夫婦 2017年08月21日
立派なジャンボひょうたんのお写真に憧れます。
実は記事の中にある、「ジャンボひょうたん会」にぜひ参加させていただきたいと思っているのですが、
検索しても、連絡先が分からず、残念に思っておりました。
よろしければ「ジャンボひょうたん会」のご連絡先を教えて頂けないでしょうか。
よろしくお願いいたします。
投稿:向日葵まま 2017年09月18日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※内容が不適切と判断したコメントは削除することがあります
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 広告募集
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 広告募集