忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

赤穂の碁会所で腕磨きプロに

 2017年07月22日 
赤穂楽碁会の碁会所でプロ入段を祝福される田中康湧さん=中央。色紙には「一歩ずつ着実に進む」との思いを込めた
 囲碁サークル「赤穂楽碁会」で腕を磨き、関西棋院の「院生」として入段を目指していた相生市大石町の高校1年生、田中康湧(こうゆう)さん(16)が規定を満たし、プロ棋士になることが決まった。来月1日に正式に承認される。
 関西棋院ではプロ候補生である院生同士が4週間で16局対局し、18歳までに12勝以上を挙げればプロになることを認められる。大半の院生が規定を満たせないまま年齢制限を迎えるという。小6で院生となり、過去3度11勝まで到達しながらあと一つの勝ち星が及ばなかった田中さん。今年6月に12勝を挙げ、ついに壁を乗り越えた。
 初めて碁石を握ったのは6歳のとき。将棋教室に入ろうと向かった自宅近くの公民館に囲碁教室しかなかったのがきっかけだった。小3の秋から「赤穂楽碁会」に入会。花岳寺通商店街の碁会所でアマ七段の黒田紀典会長(76)=塩屋=らにもまれたことで一気に棋力がアップし、プロを目指す気持ちが固まった。
 今春からスポーツや文化に秀でた生徒が多く集まる大阪学芸高の特技コースに進学。プロになっても自宅から通学するスタイルは変えず、学業との両立を図るという。
 「楽碁会のみなさんには囲碁だけでなく礼儀も教えてもらった。感謝しています」と田中さん。「強くなるには努力して実力をつけるしかない。トップレベルの棋士に少しでも近づきたい」と抱負を語った。黒田会長は「冷静で粘り強いのが彼の碁の特長。持ち味を伸ばして活躍してほしい」とエール。「西播磨から囲碁のプロ棋士が生まれたのはおそらく初めて」(黒田会長)といい、「囲碁の振興にもつなげたい」と話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2017年7月22日(2239号) 1面 (11,184,901byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 義士石碑磨いた13年間の奉仕にピリオド←市民のひとり(02/12)
  • 義士石碑磨いた13年間の奉仕にピリオド←一市民(02/11)
  • 義士石碑磨いた13年間の奉仕にピリオド←nnn(02/11)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中