忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

美術工芸館図録 同号異人の作品収録か

 2017年06月17日 
河野東馬と穴吹香邨の作品比較=滝図短冊の画像は「所蔵者が赤穂民報への転載を許可しなかった」(同館)ため、掲載を見合わせました。図録は赤穂市立図書館で閲覧できます
 赤穂市立美術工芸館田淵記念館が今年1月まで開催した平成28年度特別展「激動の時代、幕末志士たちの美−藤本鉄石と河野鉄兜を中心に−」で、鉄兜(てっとう)の弟・東馬(とうま)が描いたとして展示された短冊1点が別の画家の作品だった可能性が極めて高いことがわかった。
 両者の雅号がともに「香邨(こうそん)」だったことから混同したとみられるが、同館は「東馬の作品でないとは断定できない」と錯誤を認めていない。
 問題の作品は、同館が個人から借り受けて展示した滝図短冊。「香邨写」と署名があり、河野東馬の作品として図録にも掲載された。しかし、会期終盤の今年1月、鉄兜・東馬兄弟について詳しい個人研究家の前嶋第誓(だいせい)氏(54)=姫路市網干区=が「昭和の時代に飾磨にいた画家の作品であり、東馬の作品ではない」と指摘。同氏の情報を基に赤穂民報が調査取材したところ、穴吹香邨という日本画家の作品である可能性が浮上した。
 穴吹香邨(1880−1954)は香川県出身で『香川県史』にその名を残す。21歳のころから竹内栖鳳に7年ほど師事し、「橘香邨」とも名乗った。後に人間国宝となった鎌倉芳太郎(型染絵)、音丸耕堂(彫漆)に日本画を教えたという。主に京都を拠点とし、大正から昭和にかけて、しばしば姫路地方に長期滞在して作品を制作。宇治市内で73歳で死去した。
 過去に穴吹香邨の企画展を開き、約80点分の作品画像を保管する宇治市歴史資料館へ滝図短冊の画像を見せたところ、「穴吹香邨の作品と思われる。後援者への配りものといった印象を受ける」と回答があった。また、本紙は姫路、宇治の旧家などに現存する穴吹香邨の作品計約40点を調査。近世絵画史を専門とする木村重圭(しげかず)・赤穂市文化財保護審議会長(元甲南女子大学教授)は一連の作品と滝図短冊の筆遣いや落款を見比べた上で、「画像を客観的に見る限り、同一人物の作品とみてよい。穴吹香邨の作品とみてよいのでは」とした。
 木村氏によると、「香邨(香村)」と号する画家は氏名が判明している人物だけで15人いる。前嶋氏は「播磨周辺に『網干の香邨(東馬)』と『飾磨の香邨(穴吹)』の同号異人の画家の作品が残されていることは古美術業界や古書画収集家の間では昔からよく知られていたことであり、南画の系統の香邨(東馬)と京都画壇四条派系の香邨(穴吹)とでは画風が大きく異なり落款もまったく違うので簡単に見分けられる」とする。ある古美術商は図録に載っている滝図短冊の写真を見て、「河野香邨とは100%違う」と即答した。
 同館は指摘を受けた当初、「(穴吹香邨という画家が)実在したかどうかすら不明で確かめようがない」としていたが、4月になってようやく存在を認めた。しかし、「その作品や落款と比較して、滝図短冊の作者と同一とは判断できなかった」と取材に回答。同館が比較に使ったのは「収集家の所有する作品1点」だといい、本紙は姫路や高砂にも多数現存する穴吹香邨の作品と比較検証すべきではと伝えたが、「これ以上調べてもきりがない」と調査を続ける必要性を否定した。滝図短冊を東馬の作品と判断した理由については、「所蔵者に出所来歴を確認した。その内容は所蔵者の意向で答えられない」と詳細を伏せた。
 同展をめぐっては前嶋氏から、滝図短冊の件のほか、▽鉄兜の遺墨と明記して展示され図録に掲載された中に、贋作もしくは真筆とは断定しがたい物が多数含まれている▽鉄兜の印として図録に掲載された印影は、鉄兜遺印を直接捺印した印譜集に収録されているものと異なる▽東馬の経歴に一次資料で全く確認できず根拠が無いことを事実の如く記載している−と展示及び図録の内容に疑義が寄せられ、同館は「再確認の必要がある」として今年2月から図録の販売を休止している。
 同館は10日、本紙の取材に対し、「東馬の経歴については若干の不備が確認されたので訂正など対応したい」としたものの、「その他に訂正や変更を行う予定はない。近日中に図録の販売再開を判断したい」と話した。
<前の記事


関連サイト:
【社説】目先の面子ではなく美術館の信用守れ
【関連記事】美術工芸館図録に真贋疑惑 販売休止


掲載紙面(PDF):
2017年6月17日(2235号) 3面 (11,615,729byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

木村重圭・赤穂市文化財保護審議会長から「画像を客観的に見る限り、同一人物の作品とみてよい。穴吹香邨の作品とみてよいのでは」と言われたからには、さすがに訂正するしかないのではないでしょうか。

そう思う 0

投稿:どうする田淵記念館!? 2017年06月17日
 紙面に掲載した穴吹香邨の作品3点のうち、真ん中の作品は「不老長春」「昭和三年秋 香邨題」と箱書きがあり、「御大典紀念」の印章が捺印されていることから、昭和天皇の即位を祝して制作したものと推定できます。敬意を表すために署名の字体を崩さず、謹直に書き入れたものと思われます。
 ちなみに、昭和3年(1928)は、河野東馬はすでに他界しておりますので、この作品が東馬の作品でないことは確かです。

そう思う 0

投稿:赤穂民報 2017年06月17日
図書館で図録を見てきました。素人ですので画風がどうとかはわかりませんが、穴吹香邨の真ん中の絵に押してある印鑑の上のほうは滝図短冊に押してある印鑑と同じに見えました。あと、名前の字は確かに穴吹香邨の作品と似ていました。でも、真ん中の絵の名前の字は違いますね。

そう思う 0

投稿:図録見ました 2017年06月17日
ここまで、誤認が濃厚との多数の専門家の指摘があれば、普通は、素直に不手際を認め、調査⇒報告⇒そして、(贋作と断定できなくとも、その可能性が少しでも残る時点で)是正措置を講じて再発の防止策を検討するのが一般的な美術品を展示する側の感覚。
そうでなければ、誰がお金を出してわざわざ見に行きます?笑
素直に見えない、お役人の自信タップリな開き直りの様子は見慣れてますが、コレ、流行なのでしょうか。
そういうつもりでないのなら、そう見えてしまってますよ〜!
少なくとも、自分は、こういう美術館には、騙されそうで行く気がしないです。

そう思う 0

投稿:臭いものにフタ 2017年06月17日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム 赤穂精華園 花岳寺