忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会ボランティア
  3. 記事詳細

空き店舗を貸スペースに再利用

 2016年11月19日 
空き家を再利用して「古民家コミュニティスペースtunagu」を開設した岩崎由美子さん
 築80年以上の古い空き家を再利用した個人運営のコミュニティスペースが加里屋の花岳寺通商店街にオープン。サークルの会合や趣味の活動などに低料金で貸し出している。
 地域の子どもに食事を通して居場所を提供する「子ども食堂」にも活用する予定で、オーナーの岩崎由美子さん(51)=中浜町=は「人と人がつながる場になれば」と期待を込めて準備を進めている。
 名称は「古民家コミュニティスペースtunagu(つなぐ)」。「善意の駐車場」から北へ徒歩1分にある昭和8年に登記された木造2階建てで、かつて印鑑店だった。かねてから「まちなかで、人が集まれる場所を作りたい」と考えていた岩崎さんが土地と建物を購入。「落ち着きのあるたたずまいを活かしたい」と外観も内装もほぼそのままでレンタルスペースとして11月から貸し出しを始めた。
 間取りは3畳〜4畳半の和室が3部屋と台所、トイレ、中庭など。利用時間は朝(午前9時〜正午)、昼(正午〜午後6時)、夜(午後6時〜午前0時)の3区分で各時間帯1回500円(商用は1000円、冬季は1・5倍)で貸し出す。
 オープン後、口コミで広まり予約がボチボチと入っているという。ママ友同士の女子会で使った人たちからは「リラックスできる雰囲気で話が弾んだ」と好評。「ワンデーショップやフリーマーケットの会場に使わせてほしい」という問い合わせもあるという。
 コミュニティスペースを設けた大きな目的の一つが「子ども食堂」を開設するためだ。さまざまな家庭の事情で満足な食事をとれていない子どもたちに食事や団らんを提供するボランティア活動で、行政による支援が行き届かない子どもたちを救う取り組みとして全国各地で広まりつつある。
 「知られていないだけで、『子ども食堂』を必要としている子どもたちは赤穂にもいるのでは」と岩崎さん。「実際に活動を始めれば、こうした問題に関心を持つ人たちが集まる拠点にもなる」と話す。
 「子ども食堂」は市内母親クラブの赤穂市地域活動連絡協議会がボランティアを募って来年3月までに始める予定。それまでに人材と食材、食器類やテーブルなどの備品を調達しようと岩崎さんは張り切っている。
 そんな中、理念に賛同した人たちが石油ストーブや座布団カバーなどを寄贈してくれた。余分に作った野菜や自宅にある乾物や缶詰の提供を申し出てくれた人もある。岩崎さんは「たくさんの方々が助けてくれたり、協力してくれたりして、私自身が一番『人のつながり』のありがたさを実感しています。手探りなことが多いですが、あせらず気長に取り組んでいきたい」と話している。
 利用申し込みはホームページ(http://tunagu-ako.jp)から。問い合わせはTel070・6547・1886。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2016年11月19日(2207号) 1面 (12,274,224byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺