忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

熊本へ緊急消防援助隊が出発

 2016年04月16日 
地震被災の熊本県へ向けて派遣された緊急消防援助隊の発隊式
 熊本県内で発生した地震の被災地で支援活動を実施するため、緊急消防援助隊西播ブロック隊が16日、加里屋の赤穂市防災センターを出発した。
 熊本県知事の要請を受けた消防庁長官の求めに応じたもので、姫路市消防局、西はりま消防本部との合同で12隊36人。赤穂市消防からは救急救命士3人を含む5人を派遣した。
 加里屋の防災センターで行われた発隊式には明石元秀市長も駆け付け、「現地は余震が続き、危険と背中合わせの状態。しっかりと注意して活動してください」と激励。隊員らは装備を確認し、午前11時過ぎに救助工作車、救急車など車両12台で熊本へ向けて出発した。
 現地で3日間活動する予定で、その後、新たな要請があれば第2次隊を送り込む。赤穂隊リーダーの廣井紀吉・救助担当第1係長は「日々の訓練を活かし、熊本県民のために全力で活動してまいりたい」と決意を語った。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2016年4月23日(2182号) 1面 (10,729,577byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]

コメント

職務ご苦労様です。
現地はまだ余震が続いているようですが、事故なく、救助を待つ人のために頑張ってください。
投稿:敬礼 2016年04月16日
隊員のみなさん 無事任務を遂行してきてください
ありがとうございます
投稿:西播 2016年04月16日
最近、地震の多い山崎断層を抱える赤穂にとっても、本当に他人事ではありません。
姉妹都市の山鹿市も心配です。
余震と悪天候の予想される中の救援、二次災害のない事を心よりお祈り申し上げます。
投稿:明日はわが身 2016年04月16日
がんばってきてください(^_^) 無事にご帰還を。
投稿:でんでん 2016年04月16日
熊本の被災地のツィート見てたら、北バイパス付近で、「神戸」「西宮」「赤穂」「加古川」「三田」「丹波」の消防隊の車列を発見!わざわざ、兵庫から、凄く勇気つけられた!感謝!とのコメントがチラホラ・・・・。
投稿:着いたようですね! 2016年04月17日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 広告募集中