忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

姫路生まれの日本画家「森崎伯霊展」

 2016年03月19日 
「森崎伯霊展」で展示される「惜春」と四男・大青さん
 御崎の桃井ミュージアムが一年を通して9つの企画展を開催する「瀬戸内赤穂芸術祭2016」(赤穂民報社など後援)の第1弾「森崎伯霊展 ふるさと讃歌」が3月20日(日)から始まる。
 森崎伯霊(1899−1992)は姫路生まれの日本画家で日本美術院の特待。「近代忘れられがちな日本の風景や人情、特に農民の生活の中にも、人生の幸せが充分ある。この近しい美しさを掘り下げて一生描き続けたい」と、93歳で亡くなるまで絵筆を離さなかった。
 伯霊が生前、同ミュージアムの桃井香子オーナーに絵の手ほどきをした縁で今展が実現した。穏やかな瀬戸内の情景を描いた「室津の春」、のどかな農村の雰囲気が明るい「惜春」、亡くなる前日に描き上げて絶筆となった「白い鶏」など葉書大から100号を超える大作まで37点。植物や動物などを描いたスケッチ帳、作品が表紙を飾った書籍など関連資料約30点も展示する。
 いずれの作品も、ふるさとの山や川と人との素朴な調和や温かみを感じさせる。四男の造園業、大青さん(62)=姫路市飾磨区=は「あるがままの自然と向き合い、父が一徹に描き続けた日本の風景を見ていただければ」と話している。
 鑑賞料500円。4月25日(月)まで午前10時〜午後4時。火曜休館。4月3日(日)午後2時から大青さんが父のエピソードを語るギャラリートークがある。Tel56・9933。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2016年3月19日(2178号) 1面 (11,731,532byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 御崎に地域資源活用区域 ホテル・店舗など可能に←温故知新。(06/24)
  • 御崎に地域資源活用区域 ホテル・店舗など可能に←赤穂民報(06/24)
  • 御崎に地域資源活用区域 ホテル・店舗など可能に←温故知新。(06/24)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中