忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

《御崎メガソーラー問題》住民質問への回答拒否

 2016年01月27日 
 災害リスクの高まりを近隣住民が懸念している御崎のメガソーラー建設をめぐり、御崎地区連合自治会(亀井義明会長)が事業者側へ危険性の認識や治水計画の内容などを尋ねた質問状に対し、施工業者のフジタ道路大阪支店が「弊社から説明する必要のないものが大半」などとして回答を拒否したことがわかった。
 質問状は、治水工事の工事図面や基礎となる雨量計算データの開示を求めるほか、地質調査や土砂崩落予防措置の予定など61項目を問うもので、同自治会が今月8日付けで同社と事業主のサンエース(大阪府枚方市)へ送付し、1月22日までの回答を求めていた。
 回答は同社の執行役員支店長名で同月20日付け。質問事項について、「説明済みのものや現時点で回答する必要がないものあるいは行政に対して回答済みであり弊社から説明する必要のないものが大半」とした上で、「回答しない理由を開示する必要もないと考えております」と拒否。さらに、自治会側に質問内容の精査を求めるとともに、「(同自治会に)法人格が認められることを条件に回答につき再検討します」と注文をつけた。
 また、サンエースは22日付けで、「弊社は元請であるフジタ道路株式会社に回答等の対応を一任しております」などと文書で回答した。
 同メガソーラーの建設をめぐっては、赤穂市が昨年7月、「誠意をもって地元意思形成に努めること」などを条件に風致条例に基づく許可を事業者側へ交付。フジタ道路は11月に説明会を開いたものの、説明会の継続を望む自治会の申し入れに応じず、「ご不明な点についてはその都度文書にて回答するなど適切に対応してまいります」と文書で約束した。
 今回の回答について亀井会長は「まったく不誠実な対応で憤慨している。市は業者を指導すべきだ」と話しているが、市は「地元意思形成は、その方法も含めて事業者に取り組みを求めるもので、市から直接指導する予定はない」とのスタンスだ。
 同社は赤穂民報の取材に対し、「質問をメールで送れば社内で調整して答える」としながらも、昨年12月2日を最後に回答していない。


掲載紙面(PDF):
2016年1月30日(2171号) 3面 (12,032,320byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 御崎地区 ]  [ 社会 ]

コメント

こんな回答出してくるとは。
法人格の有無が何の関係があるのか。
「指導する予定はない」という市も異常だ。
とにかく、どっちもまともじゃない。
投稿:異常な事態 2016年01月27日
「誠意をもって地元意思形成に努めること」を条件に許可したのであれば赤穂市はそうするように事業者を指導しなければならない。それを怠ったら目坂のがけ崩れと同じように不作為になりますよ。赤穂市は懲りないね。
投稿:おんぷすまん 2016年01月27日
こんな、あからさまに、売られたケンカにケンカで売り返すような低レベル交渉はあまり、聞いた事も、見たことががないんですけど・・・・大人の会話ですか?
この企業も何やら、以前から赤穂に恨みでもあるのでしょうか・・・・
最初から、感情的に縺れていては解決はないですわな。残るのはしこりのみ。
投稿:客観者 2016年01月27日
このメガソーラーでいくら儲かるか知らんが、企業イメージが悪化するデメリットのほうが大きいんではなかろうか。
投稿:主観者 2016年01月27日
フジタ道路のホームページを見たが、社長あいさつのページの経営理念に「当社と社員の豊かな未来を確保する為に我社は、常に前進せねばならない。」とあった。つまり、御崎のメガソーラーも「当社と社員の豊かな未来を確保する為」にやってるんだろう。
投稿:ろくなもんじゃねえ 2016年01月27日
ところで、工事現場入口脇の谷に伐採したと思われる大量の木材を投棄している件なんですが
あれ、相当危険じゃないんですかねぇ?直下には道がある事ですし、どの辺りまでが購入された土地なのかは知りませんが・・・そこのところ、どうなんでしょう?
投稿:スネーク 2016年01月27日
予想していたとおりの結果ですね、業者は法律的には違法ではないし、地元対策もする必要がありません。兵庫県も赤穂市も法律の不備があっても、責任のなすりあい。土砂崩れが甚大な被害がでても、そのときは我々の税金を使って対応するが、人命はお金では買えませんよ。
投稿:ari 2016年01月28日
なんのために条例作ったのか意味がわかりません!
さすが赤穂市^_^これからも閉鎖的な町を守っていってください。
投稿:太陽 2016年01月28日
よくわからんけど、御崎の人らは、昔から閉鎖的で内輪なかんじ。
赤穂になにができても、すぐ憤慨するだけ(笑)
世代交代が必要ですね
投稿:いまは都 2016年02月06日
設置するメリットが地元に見当たらない上に土砂災害の危険があるかもとなったら、年齢に関係なく不安に思うのは当たり前。
危険がないことを証明する責任は企業にあるんじゃない?
何か起きてから想定してませんでしたで済まされたらたまらないもの。
投稿:そら 2016年02月06日
別件ですが、鷆和では休耕田がドンドンソーラー発電に変わっています。一体どうなっているのですか?住宅に近すぎですね。反射の被害が心配です。
投稿:鷆和は… 2016年02月06日
休耕田の所有者=市民が選択したことです。
投稿:てんほー 2016年02月06日
5年ぶりに現地に行ったけど、あれでは排水処理するのに300水路では無理でしょうね。それに一部の畑が雨水と粘着性の土で影響が出るでしょうね。下流域の住宅街までの水路も改修がかなり必要ですね。平地であれば、そんなに工事費もかからないが、この現場はかなり必要だから業者はしたくないし、金もうけ優先だからね。将来災害が起きても許可がおりているので、業者は責任がない。被災しても個人の住宅は自分で直さないといけない。業者の金もうけのための法律というのはザル法ですね。
投稿:良い子の味方 2016年02月06日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • エイサー踊って15年 記念公演←。。。(12/10)
  • インフル学級閉鎖 昨年度上回るペース←匿名(12/07)
  • もう一度リングへ 小國さん現役復帰表明←4回TKO(12/01)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中