忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

夫婦念願のギャラリー開設

 2015年11月28日 
長年の夢だったギャラリーを開設する野村勝美さん・博子さん夫妻
 カメラを夫婦共通の趣味とする大橋町の野村勝美さん(69)と妻の博子さん(69)が自宅そばに私設ギャラリーをオープンする。
 11月30日(月)から12月6日(日)まで2人の作品展でこけら落とし。その後は「写真に限らず絵画や音楽など趣味や特技を発表するスペースに使ってほしい」と一般の利用を受け付ける。
 ギャラリーの名称は「グラン・ポン・ヌフ」。「大きな新しい橋」を意味するフランス語で、近くに架かる新赤穂大橋にちなんだ。鉄骨造2階建ての2階に設けたギャラリーはピクチャーレール、可動式のパーテーションを備えた約40畳の板張り。天窓から差し込む自然光が白い壁紙を明るく照らす。ギャラリーの隣りはキッチン付きの談話室。駐車場は10台収容できる。
 「大勢で集まって歓談するのが大好き」という野村さん夫妻にとってギャラリー開設は長年の夢だったという。2年前、自宅に隣接して売りに出ていた倉庫兼住宅を購入。内外装をリフォームした。できるだけ費用を抑えようと、駐車場のフェンスは野村さんがホームセンターで材料を買ってきて取り付けたという。
 「作品発表の場として気軽に利用してもらえれば」と野村さん夫妻。「楽しい時間をたくさんの人と共有して積み重ねていきたい」と話している。
 30日から始める写真展は「アドリア海沿岸を行く」と題し、今春に夫婦で旅したクロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、スロベニア3カ国で風景や街角を撮影した約30点を全紙、半切で展示する。午前10時〜午後6時。Tel43・3619。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2015年11月28日(2163号) 1面 (10,314,631byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)

コメント

住所は何処ですか?

そう思う 0

投稿:でんでん 2015年11月28日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫 赤穂店 広告募集中