忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

《御崎メガソーラー問題》説明会ないまま工事

 2015年10月09日 
 地域住民から反対の声があがっている御崎のメガソーラー建設計画をめぐり、事業者側が建設予定地に重機を搬入し、10月初旬から一部の範囲で草や木の除去を行っていることがわかった。住民側は「地元説明会を開かずに工事しており、約束に反する」と反発を強めている。
 今月6日、地元からの苦情を受けた県と市の職員が現地を確認。圧砕具を装着したパワーショベル1台によって草木が取り除かれ、土砂を押しならした箇所も。手を加えられた面積は少なくとも1000平方メートルはあるとみられる。
 赤穂市は今年7月、風致地区条例に基づく許可を事業者側へ交付。「工事着手にあたり、地元説明会を開催するなど、誠意をもって地元意思形成に努めること」を条件の一つに加えた。事業者側は御崎地区連合自治会に説明会の実施を申し入れたが、8月19日に役員との懇談会が開かれたのみで、説明会の開催には至っていない状況だ。
 西播磨県民局光都土木事務所は事業者の行為について、「水の流れを調べるための事前調査で草を刈ったと聞いており、本格着工ではない」という。しかし、実際には草だけでなく複数の樹木が切り倒され、中には根こそぎ引き抜かれたものも。地元住民は「あれだけ大規模に伐採しておいて『事前調査』などという詭弁が通るのなら、何でもありではないか」と憤っている。
 ▽光都土木事務所管理課=「県には工事を差し止める権限はない。本事業が総合治水条例の開発行為に該当するかどうか精査しており、その結論が出るまでは工事に入らないように事業者に要請した」
 ▽事業主・サンエース=「工事施工者のフジタ道路にすべて任せている。フジタ道路には法を順守すること、近隣住民の方にしっかりと説明をし、理解を得ることに努めるよう指示している」


掲載紙面(PDF):
2015年10月10日・第1部(2156号) 3面 (11,394,584byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 御崎地区 ]  [ 社会 ]

コメント

赤穂にメガソーラーが出来ることは良い事だ。
投稿:masa 2015年10月09日
安全、人命、を第一にお願いします

投稿:庶民 2015年10月09日
今の日本に、メガソーラー,産廃,原発は必要です。
問題が起こらないように指導・監督するのが行政の仕事です。
それぞれで生活している人がいます。
投稿:m 2015年10月09日
認可取り消しになる前に、急いでいるのでしょうか
署名活動もイノシシの罠も無駄になってしまうかなぁ…
投稿:内海 2015年10月10日
生活している人がいるからやっていいことにはなりません。
核廃棄物の処分問題など考えねばなりません。
ソーラーをやるにしても赤穂市民の利益になるように市民参加型にするなどやり方を考えるべきです。
投稿:n 2015年10月10日
メガソーラー = 良い事
って考える人が居るんだなw

何処か忘れたけど、斜面にソーラー設置して、その部分だけ地滑り起こしてる所もあったけどねw

赤穂もそうならなければ良いけどね。
投稿:w 2015年10月10日
そこを指導・監督するろが行政の責任です。
投稿:a 2015年10月10日
なんでも行政の責任です。
投稿:q 2015年10月10日
残念ながら赤穂市には専門家がいない。
御用学者の意見を聞くだけ。
福島の原発事故でよくわかりました。
投稿:b 2015年10月10日
容認派,反対派の意見は注意して聞く必要が有る。
表に出てこない利権の匂いが有る。
本当に赤穂のことを考えて発言している人が何人居るだろうか?。
投稿:c 2015年10月10日
住民を無視した対応に憤りを感じています。
市長も光都土木管理課も事業主も責任のがれ。赤穂御崎は赤穂の宝、日本の宝なのに、その宝と住民の安全を守れないのでしょうか?
投稿:小鳥 2015年10月10日
日本の夕日百選にも選ばれてる御崎にメガソーラなんて施設は相応しくないと思いますが、赤穂の人は自然のすばらしさをもっと自身を持って護ることはしないのですか?
別の地域に住んでいたときは、市民全体で反対運動て署名活動をしたりともっと地元を愛する行動が有りましたが、一部の人にやらせとけば的な他人任せ気質を感じます。
投稿:なんだかなぁ 2015年10月11日
私は賛成だね。反対の理由もないしね。
投稿:tmw 2015年10月16日
私も賛成。
自然とメガソーラの調合。
投稿:私も 2015年10月16日
× 調合
○ 調和
です。
投稿:私も 2015年10月16日
メガソーラーは自然壊すだけで、調和できるはずないやん
投稿:メガソーラー 2015年10月17日
知らないうちに赤穂市HPに掲示されています。

>>更新日:2015年10月14日
>>「赤穂市自然環境等と再生可能エネルギー発電設備設置事業との調和に関する条例>>(案)」への意見を募集します

後だしジャンケンですね。

これでは一般市民は分からない。
投稿:代理 2015年10月18日
代理さんの言ってることがわからない。
市長が条例で規制
投稿:ako 2015年10月18日
富士宮市富士山景観等と再生可能エネルギー発電設備設置事業との調和に関する条例を参考にされたようですね。赤穂には特に世界遺産等ないので自然環境等とされたのですね。政府は原発依存度の低減と再生可能エネルギーの最大限の導入拡大をうたっていますが、この条例で世界遺産並みに赤穂の景観が守られることを望みます。
投稿:東備西播 2015年10月18日
やはりモノマネか?
投稿:代理 2015年10月19日
犠牲となった哀れな御崎地区から得た教訓を無駄にしないでもらえたら…少しは慰みにもなるでしょう
投稿:合掌 2015年10月19日
石炭火力では外国では....
の意見が出てくるが、
メガソーラではそれが出てこない。
外国はどうなのだろうか?
そこまで勉強している人が赤穂にはいない?。
投稿:容認人 2015年10月19日
>メガソーラではそれが出てこない。
>外国はどうなのだろうか?
ドイツなんかは失敗したといってるね。
高額買取のために、電気代に転化され、一般の消費者の負担が大きくなったのが主な理由
日本の現状と同じ、これからさらに高くなるだろうね。

日本では電力会社以外がやってるから、30年後更新、又は撤去されるのか心配です。
メガソーラー=30年後は産業廃棄物って意識がない人は多いのでは? 
計画倒産とかないよね
投稿:にゃんこ 2015年10月19日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • エイサー踊って15年 記念公演←。。。(12/10)
  • インフル学級閉鎖 昨年度上回るペース←匿名(12/07)
  • もう一度リングへ 小國さん現役復帰表明←4回TKO(12/01)

ツイート

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 広告募集中