忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報

  1. トップページ
  2. ボランティア
  3. 記事詳細

関福生 今年も東北でボランティア

 2015年09月21日 
仮設住宅で暮らす人たちとの交流会=平成の森仮設住宅の憩いの場カフェ・あづまーれ
 関西福祉大学の災害ボランティアサークル「KUSW〜絆〜」は平成27年度東北ボランティア事業として宮城県をこのほど訪問。東日本大震災以降、仮設住宅で暮らす人たちとの交流や奉仕活動を行った。
 同サークルが東北の被災地を訪問するのは震災があった平成23年以降通算5度目。今回は9月14日から5日間の日程で1〜3回生12人が参加した。
 「現地の方々とコミュニケーションを図る」ことに重点を置き、南三陸町志津川の仮設商店街「南三陸さんさん商店街」で接客ボランティア。昨年も訪問した同町「平成の森仮設住宅」では高齢者や支援員約15人と茶話会で交流した。地元NPOが防潮林再生活動に取り組んでいる気仙沼市波路上原(はじかみはら)地区も訪れ、草抜き奉仕に汗を流した。
 サークル代表の梅澤勇輝さん(20)=2回生=は「盛り土されて町の復興へ進んだように見えても、いまだに人々には不安があって心の復興には時間がかかりそう」と話し、「ボランティアや観光振興の手伝いなど、具体的に自分たちは何をするべきなのか、サークル内で話し合って確かなビジョンを持ちたい」と気持ちを新たにしていた。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2015年10月3日(2155号) 4面 (11,863,228byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 電光表示で安全運転呼び掛け←アオリダメ(10/24)
  • 大正初期の八幡宮祭礼 絵葉書が現存←赤穂民報(10/24)
  • 大正初期の八幡宮祭礼 絵葉書が現存←頭人(10/24)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 パナホーム兵庫赤穂店 赤穂精華園 花岳寺