赤穂民報

メニュー 検索

少年硬式野球の全国大会で準優勝

2022年09月22日

 少年硬式野球の全国大会「第30回ヤングリーグ選手権大会」(7月30日〜8月2日、淡路市)で、市内在住の4選手がベンチ入りした佐用スターズが準優勝。年間王者を決める11月のグランドチャンピオン大会への出場権を獲得し、4人は「今度こそ、全国制覇を」と意気込んでいる。


ヤングリーグ選手権で準優勝した=右から=山路保尊君、神代晋君、福井睦君、増田純人君

ヤングリーグ選手権で準優勝した=右から=山路保尊君、神代晋君、福井睦君、増田純人君


 大会では黒崎町の神代晋(しん)君(15)=赤穂西中3年=が二塁手で出場。リリーフでマウンドにも上がり、計7イニングを1失点に抑える好投を見せた。板屋町の福井睦(むつみ)君(14)=同3年=は代打で打席に立った。増田純人(きよと)君(13)=同2年=はブルペン捕手として投手陣を支え、山路保尊(やすたか)君(13)=有年中2年=はベンチから声を出してチームを鼓舞した。

 神代君と福井君は高校でも野球を続ける予定。増田君と山路君は「来年は自分たちが主力で試合に出られるようになりたい」と努力を誓った。


スポーツ ]


テイクアウトカタログ

コメント

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

取材依頼・情報提供 | 個人情報保護方針 | 著作権 | リンク | 会社概要