赤穂民報

メニュー 検索

「有年山城もあるよ!」地元住民らPR

2021年10月13日

  • 「有年山城跡」をPRする名称看板を設置した「東有年歴史探訪の会」のみなさん

    「有年山城跡」をPRする名称看板を設置した「東有年歴史探訪の会」のみなさん

 赤穂市内で最大の山城で地域活性化を図ろうと、「東有年歴史探訪の会」(寺内正会長)は有年山城の麓に名称看板をこのほど設置した。

 有年山城は東有年・有年楢原地区にまたがる大鷹山(標高201メートル)にあり、播磨国守護だった赤松範資の子、本郷直頼が初代城主として暦応年間(1338〜42)に居城したとされる。市内の山城では最大の規模を誇り、曲輪跡や井戸跡などが残る。昨年、地元の東有年自治会が登城ルートに看板や目印を設置するなど整備。近年の「山城ブーム」に乗って訪れる人が増えているという。

 西播磨ツーリズム振興協議会が昨年度、西播磨管内に130以上ある山城から選定した「山城イレブン」には選ばれず、同会は「『有年山城』もあるよ!」と題したPRキャンペーンを企画。県の「地域づくり活動応援事業」に採択され、主郭跡にパノラマ看板を設置したほか登城記念の御朱印カード、公民館で配布する登城マップを制作するとともに名称看板を取り付けた。

 「有年山城跡」の5文字を一文字ずつ書いた5枚組。工事現場で使用済みとなったアルミ製看板(縦1・4メートル、横1・1メートル)を白ペンキで塗装し、会員の松本有司さん(79)が特技のレタリングで文字を描いた。硬い岩盤に苦労しながら支柱を打ち込み、自分たちの手で設置した。国道2号を走る車からよく見え、既設の外灯で夜間も文字が浮かび上がる。

 「看板を見て、山城に登ってみようかなと思ってくれたら」と寺内会長。今後もルートの補修などをボランティアで続けるという。

 同会は有年山城の写真展を有年公民館で今月29日(金)まで開催中。11月15日(月)〜19日(金)は市役所1階エントランスホールでも開く。


文化・歴史ボランティア ]

掲載紙面(PDF):

2021年10月23日号(2435号)3面 (8,724,503byte)


テイクアウトカタログ

コメント

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

取材依頼・情報提供 | 個人情報保護方針 | 著作権 | リンク | 会社概要