赤穂民報

メニュー 検索

日本人初 世界Cパワリフ選手権V 藤井優弥さん

2021年10月09日

  • 藤井優弥さんが日本人選手で初めて優勝した世界クラシックパワーリフティング選手権の表彰式

    藤井優弥さんが日本人選手で初めて優勝した世界クラシックパワーリフティング選手権の表彰式

  • 優勝を決めたデッドリフト2回目の試技

    優勝を決めたデッドリフト2回目の試技

 今月3日までスウェーデンで開催された「世界クラシックパワーリフティング選手権大会」で、中広の藤井優弥さん(23)=RECON=がジュニア(19〜23歳)男子74キロ級で総合優勝。関係者によれば、同大会で日本人が優勝したのは全階級を通じて初めてという。

 パワーリフティングはバーベルを肩に担いで屈伸する「スクワット(SQ)」、ベンチ台で仰向けになって押し上げる「ベンチプレス(BP)」、床から持ち上げる「デッドリフト(DL)」を各3回行い、3種目の合計重量を競う。藤井さんは大学1年から競技に取り組み、翌年に国体でV。今年1月の日本選手権で2度目の優勝を720・0キロのジュニア日本新記録で飾り、日本代表に選ばれた。

 今大会は現地入りしてからのカロリー補給がうまくいかず、「体重が減りすぎた」という。最初のBPで2度失敗するなど苦戦したものの、トータル715・0キロ(SQ250・0キロ、BP170・0キロ、DL295・0キロ)を挙げ、2位のイギリス人選手に10キロの差をつけて金メダル。種目別でも銀1個、銅2個のメダルを獲得した。すでに優勝が決まっていた最終試技ではジュニア世界新記録にトライして会場を沸かせ、全階級を通じて活躍した3選手に贈られる「ベストリフター賞」にも輝いた。

 パワーリフティングの大会には、反発力のある競技用シャツを着用できる「フルギア」と、着用を認めない「ノーギア」の競技区分があり、ノーギアで実施するクラシック選手権は基礎的な筋力で劣る日本人には不向きとされてきた。それだけに藤井さんの優勝は快挙と言える。

 「出国前はものすごく調子が良く、750キロ以上を出してジュニア世界新記録で優勝を狙っていたので、結果には全然納得していない」と藤井さん。ジュニア部門での出場は今季が最後で、「一般カテゴリーでも優勝できるように努力したい」とさらなる向上を誓った。


イベント ]

掲載紙面(PDF):

2021年10月9日号(2434号)1面 (4,176,368byte)


テイクアウトカタログ

コメント

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

取材依頼・情報提供 | 個人情報保護方針 | 著作権 | リンク | 会社概要