赤穂民報

メニュー 検索

周世の黒枝豆 16・17日に直売会 1株100円

2021年10月09日

  • 今年も周世土地利用組合が栽培した黒枝豆畑

    今年も周世土地利用組合が栽培した黒枝豆畑

  • 黒枝豆直売会の会場地図

    黒枝豆直売会の会場地図

 コクのある風味に定評のある周世地区の黒枝豆が今年も収穫期を迎える。10月16日(土)と17日(日)に畑で直売会を開き、1株100円で即売する。

 地域の特産化を目指して2016年から周世土地利用組合(竹本正明組合長)が栽培。味の良さとお得な価格が評判を呼び、直売会は毎年完売となっている。今年は作付面積を約1・4倍の80アールに広げた。「夏場に雨が多かったが、まずまず平年並みの実の付き具合になった」という。

 直売会は自分で畑に入って好きな株を収穫できる(剪定ばさみ、長靴持参)。周世集落営農センターから南約100メートルの畑で両日とも午前9時〜正午(なくなり次第終了)。小雨決行。要マスク着用。問い合わせはTel090・6982・3947(竹本組合長)。


イベント ]

掲載紙面(PDF):

2021年10月9日号(2434号)1面 (4,176,368byte)


テイクアウトカタログ

コメント

昨年日曜の朝9時に買いに行きましたが、すでに完売状態でした。
聞けば土曜に良い株から売れていき、日曜は8時ごろから売り出していたとか。
今年は土曜の早い時間に乗り込みます。

1 2

投稿:市民 2021年10月10日


去年も買いに行った。
もぎたてを買って帰ってゆがいて食った。
うまかったんで今年も買いに行く。

1 1

投稿:おっさん 2021年10月10日


※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

取材依頼・情報提供 | 個人情報保護方針 | 著作権 | リンク | 会社概要